2010年08月20日 08時00分 公開
特集/連載

ビデオ会議/Web会議の製品選び、決め手は「ユーザビリティ」ビデオ会議/Web会議に関する読者アンケート調査リポート

TechTargetジャパンでは今回、ビデオ会議/Web会議に関する会員アンケートを実施した。双方とも5割弱のユーザーが導入済み、さらに6割近くが導入を検討している段階だという。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンでは2010年6月11日から25日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「ビデオ会議/Web会議」に関する読者アンケート調査を実施した。この調査結果から、ビデオ会議/Web会議システム共に約45%のユーザーが利用しており、さらに全体の6割弱が今後の導入を検討していることが分かった。以下、その回答内容の一部を紹介する。

調査概要


目的:TechTargetジャパン会員のビデオ会議/Web会議の利用状況調査

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2010年6月11日〜6月25日

有効回答数:368件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


関連ホワイトペーパー

ビデオ会議


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。