2010年12月17日 08時00分 公開
特集/連載

XenServer 5.6 FP1での分散仮想スイッチの使用方法XenServer Tips

XenServer 5.6 FP1より、Linux Bridgeベースの仮想スイッチから、オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」をベースに開発した分散仮想スイッチに変更できる。

[北瀬公彦,シトリックス・システムズ・ジャパン]

設定方法

1.XenServer 5.6 FP1がインストールされていることを確認

 XenCenterで対象のXenServerホストをクリックし、「General」タブ ― 「Version Details」でXenServerのバージョンを確認できる。「XenServer Version: 5.6 Feature Pack 1」と表示されていればFP1がインストールされている。

2.対象のXenServerホストにXenCenterで接続し、コンソールに接続

 SSHクライアントやサーバのコンソールを使ってもよい。

3.仮想スイッチのソフトウェアを確認する

[root@xs207 /]# xe    host-list params=software-version
	
software-version(MRO): product_version: 5.6.90;product_brand: XenServer; build_number:
37611p; hg_id:;hostname: cheesy-2;date: 2010-09-23; dbv: 2010.0521; xapi: 1.3;
xen: 3.4.2; linux: 2.6.32.12-0.7.1.xs5.6.90.230.170558xen;xencenter_min: 1.8;
xencenter_max: 1.8; network_backend:openvswitch;xs:main: 
Base Pack, version 5.6.90, build 37620p; xs:xenserver-transfer-vm: 
XenServerTransfer VM,version 5.6.90, build 37611p

 network_backend: openvswitchであれば分散仮想スイッチを使用している。

 network_backend: Linux bridgeであればLinux Bridgeを使用している。

4.仮想スイッチを分散仮想スイッチモードにする

[root@xs207 /]# xe-switch-network-backend openvswitch

 仮想スイッチをLinux Bridgeモードに戻す場合は、「xe-switch-network-backend bridge」。

5.XenServerの再起動

解説

 仮想スイッチを変更することで下記の機能が使える。それによって、クラウドのマルチテナント環境などにおいて、仮想的なレイヤー2(L2)スイッチ機能を容易に提供できるようになる。

  • Cross Server Private Network:複数のXenServerホスト上で起動している仮想マシンが共通のプライベートネットワークを使用できる
  • Jumbo Frame:仮想スイッチにvSwitchを使用すると、SAN(ストレージエリアネットワーク)で、大きなサイズのフレームで送受信を可能にするJumbo Frameの設定ができる

 さらに、別途仮想スイッチコントローラー(仮想アプライアンス)を設定すると下記の機能も使える。

  • ACL(Access Control List)の設定:リソースプール、XenServerホスト、ネットワーク、仮想マシン、仮想NIC単位で、ACLを設定できる
  • QoS(Quality of Service)の設定:帯域幅やバーストサイズの制限が可能
  • RSPAN(Remote Switched Port Analyzer)の設定:特定のVLANに対して、パケットキャプチャリングを目的に、ネットワークトラフィックのミラーリングが可能

 分散仮想スイッチモードに変更することは無償版でも可能だが、分散仮想スイッチコントローラーを使用して、ACLの設定やRSPANなどの機能を使用する場合にはAdvanced Editionのライセンスが必要になる。分散スイッチコントローラーは、仮想アプライアンスで提供されている。シトリックス・システムズ・ジャパンのWebサイトからダウンロード可能である。

 Jumboフレームの設定やCross Server Private Networkなどの機能は、分散仮想スイッチモードで対応するので注意してほしい。

北瀬公彦(きたせ きみひこ)

シトリックス・システムズ・ジャパン マーケティング本部所属

画像

XenServer、XenClient、XenDesktop、Receiverなどの製品マーケティング、また、アライアンスマーケティングで、Citrixの製品に対応したい場合の技術対応なども行っている。


仮想化技術全般のwikiサイト

Twitter(@kkitase)

The Citrix Blog「Blogs for Kimihiko Kitase」


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...