2011年02月28日 11時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsサーバクラッシュの3大原因とその回避策(前編)古いウイルス対策ソフトウェアによるWindowsサーバクラッシュ

Windowsサーバをクラッシュさせる3つの原因について詳しく説明し、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

[Bruce Mackenzie-Low,TechTarget]

 Windowsサーバのクラッシュにはさまざまなタイプがあるが、大部分のクラッシュの原因は3つに大別される。すなわち「古いウイルス対策ソフトウェア」「互換性のないストレージドライバ」「多過ぎるフィルタドライバ」だ。私はこの10年間に世界中から依頼を受けて1000件近くのクラッシュを分析してきたが、その経験からいえるのは、これらは回避すべき問題だということだ。

 以下では、サーバをクラッシュさせるこれら3つの一般的な原因について詳しく説明し、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

古いウイルス対策ソフトウェア

 Windowsサーバのクラッシュは、「古いウイルス対策ソフトウェアが原因で発生する」ものが断然多い。ウイルス対策ソフトウェアはいずれも、I/O(読み書き)要求を途中で受信して付加的なチェックを行うデバイスドライバ(より具体的に言えば、“フィルタドライバ”)を使用する。ウイルス対策ドライバは、定義ファイルに含まれる既知のウイルスのパターンと検査対象ファイルを照合する。感染ファイルを検出し、感染が広がらないようにするためだ。

 フィルタドライバは、低レベルのカーネル関数とデータ構造を介してOSとやりとりするカーネルモードコードから成る。これらの関数とデータ構造には、あらかじめ定義された一連の引数とデータ型が含まれている。これらは、対応するデバイスドライバからの呼び出し時に、存在すると想定されている引数とデータ型だ。関数に誤ったデータ型や不正な数の引数が渡されると、エラーが発生し、カーネルモードでシステムクラッシュを引き起こす可能性がある。

関連ホワイトペーパー

ウイルス | Windows | サーバ | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...