JEITAクライアント機能、JAMP-GP接続対応のEDINEWS

電子商取引の国際標準ebXML MS 3.0に準拠したEDIが登場。JEITAクライアント同等機能も実装している。

2011年07月29日 16時16分 公開
[原田美穂,TechTargetジャパン]

 2011年7月28日、データ・アプリケーションはEDI製品の最新版「ACMS E2X」および「ACMS B2B」の販売を開始した。価格は、クライアント/サーバ構成のACMS B2B 3.8が100万円から、サーバの分散構成に対応したACMS E2X 3.8が150万円からとなっている。製品の販売は同社の販売パートナーを経由して行われる。

 両製品とも、EDIの国際標準プロトコルebXML MS 3.0に準拠したクライアントを提供する点が最大の特徴。ebXMLは企業間の電子商取引の標準プロトコルの1つ。SOAPなどを介してデータ交換を行う一般的なWebサービスに対して、ebXMLは、取引プロセス、支払いプロセスなどの詳細も定義できるため、よりB2B取引に適した仕様になっている。

 ebXML MS 3.0は「JAMP情報流通基盤(JAMP-GP)」で採用されている方式であるため、同一システムからJAMP-GPへもアクセスが可能になっている。製品の化学物質含有量の調査・情報提供がスムーズに行えるようになるとしている。

 また、クライアント側は、JEITA標準の「JEITAクライアント」同等の機能を持っている。同社によると無償のJEITAクライアントにはないサポートサービスが得られる点が利点になるとしている。

システム接続イメージ システム接続イメージ

 このほか、システム化していない取引先との情報交換向けにFAXとの連携機能も追加されている。

関連ホワイトペーパー

EDI | B2B | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...