2012年01月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Citrixによるプライベートクラウド構築6のステップ【前編】Citrixのプライベートクラウドを支える3つの技術

仮想化からクラウドまで、技術や製品をフルスタックで提供するCitrix。前編では、ハイパーバイザー、アプリケーションデリバリーコントローラー、アプリケーション配信の3つを紹介する。

[Bill Kleyman,TechTarget]

 クラウドベンダーの中でも、柔軟かつスケーラブルなエンタープライズ対応のクラウドオプションをフルスタックで提供できるところはごく一部だ。米Citrix Systemsのクラウド製品は、企業がクラウドでインフラを構築し、エンドユーザーに提供することを可能にする。

 IT管理者は、Citrixのクラウドスイートに含まれる製品を使って、ハイパーバイザー、デスクトップ配信、アイデンティティーフェデレーション、ユーザープロファイルを管理できる。Citrix製品でプライベートクラウドを構築する1つのメリットは、全てのコンポーネントを仮想インスタンスとして展開できることにある。これは、データセンターかホスティング施設のハードウェアを使った動的な仮想環境で、全てのコンポーネントを作成、運用できるということだ。

ステップ1:ハイパーバイザーの構成

 プライベートサーバとホステッドサーバのどちらを使う場合でも、クラウドを構築するには仮想環境を作成しなければならない。そのためには、ハードウェアを購入し、Citrixのハイパーバイザー「XenServer」をインストールすればよい。XenServerの主要な機能は以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...