2012年03月07日 14時15分 公開
ニュース

ロンビックがタブレット端末によるペーパーレスピッキングを採用NEWS

ロンビックが倉庫の受け入れ、ピッキング処理をタブレット端末で在庫管理システムと連携する仕組みを構築。ペーパーレスの操作で管理強化を進める。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 コンパウンド樹脂の製造などを手掛けるロンビックは2012年3月7日、タブレット端末を使用した在庫管理システムの導入を発表した。同社四日市工場、鹿島工場で2012年2月から使用を開始している。同システムをロンビックと共同開発したインフュージョンでは、この仕組みを拡販する予定としている。

 このシステムは、樹脂原料在庫の管理強化を目的に構築したもの。インフュージョンが開発・販売している在庫管理システム「在庫スイート3」をベースに、タブレット端末に対応させた。

 これをロンビックが持つ原料購入手配向けの基幹システムと連携し、フォークリフトに搭載したWindows OSのタブレット端末、無線ハンディターミナル、無線ハンディプリンタを組み合わせて使用する。使用するハンディターミナルは長距離での読み取りが可能なものを採用し、フォークリフト上で入庫予定や倉庫の空きや、保管場所の把握ができる。原料の先入れ先出し管理や、使用期限管理もシステムを参照しながら実行できる。棚卸でも同システムを活用して効率化を進める。

フォークリフト上からの操作イメージ フォークリフト上からの操作イメージ
ロンビックの倉庫 ロンビックの倉庫

関連ホワイトペーパー

在庫管理 | タブレット | 生産管理 | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。