AWSとEucalyptusの提携が意味するパブリック/プライベートの統合提携を高く評価する声は多い

AWSはオンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携。これによって、両社のプラットフォームで同一の管理ツールが利用できるようになる他、AWSのソフトウェア開発キット(SDK)が強化されることになる。

2012年05月18日 09時00分 公開
[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 米Amazon Web Services(AWS)には弱点がある。それは同社のクラウドと顧客のデータセンターで運営されているプライベートクラウドとのインタフェースだ。

 AWSは先ごろ、その問題の少なくとも一部を改善するために動き出した。オンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携し、顧客が自前のデータセンターとAWS間でワークロードを容易に移植できるようにする計画だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...