AWSとEucalyptusの提携が意味するパブリック/プライベートの統合提携を高く評価する声は多い

AWSはオンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携。これによって、両社のプラットフォームで同一の管理ツールが利用できるようになる他、AWSのソフトウェア開発キット(SDK)が強化されることになる。

2012年05月18日 09時00分 公開
[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 米Amazon Web Services(AWS)には弱点がある。それは同社のクラウドと顧客のデータセンターで運営されているプライベートクラウドとのインタフェースだ。

 AWSは先ごろ、その問題の少なくとも一部を改善するために動き出した。オンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携し、顧客が自前のデータセンターとAWS間でワークロードを容易に移植できるようにする計画だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。