2014年10月16日 08時00分 公開
特集/連載

比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?特選プレミアムコンテンツガイド

パブリッククラウド事業者とユーザー企業では、ITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

[TechTargetジャパン]

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。

 パブリッククラウドはオンプレミスの企業ITとは異なり、水平に拡張するよう設計され、シェアードナッシング型アーキテクチャを採用するからだ。インテリジェントなソフトウェアやコスト削減を重視するアーキテクチャによって、スケーラビリティやアジリティを優先するようにできている。

 このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...