2014年10月16日 08時00分 公開
特集/連載

比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?特選プレミアムコンテンツガイド

パブリッククラウド事業者とユーザー企業では、ITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

[TechTargetジャパン]

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。

 パブリッククラウドはオンプレミスの企業ITとは異なり、水平に拡張するよう設計され、シェアードナッシング型アーキテクチャを採用するからだ。インテリジェントなソフトウェアやコスト削減を重視するアーキテクチャによって、スケーラビリティやアジリティを優先するようにできている。

 このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...