比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?特選プレミアムコンテンツガイド

パブリッククラウド事業者とユーザー企業では、ITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

2014年10月16日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。

 パブリッククラウドはオンプレミスの企業ITとは異なり、水平に拡張するよう設計され、シェアードナッシング型アーキテクチャを採用するからだ。インテリジェントなソフトウェアやコスト削減を重視するアーキテクチャによって、スケーラビリティやアジリティを優先するようにできている。

 このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...