私たちが本当に欲しいのは、パブリックよりも“わがままクラウド”クラウドのタイプ別比較表付き

パブリッククラウドを検討するも、システム構成や性能、サポートなどにおいて「もっと柔軟に対応してほしい」と思ったことはないだろうか。クラウドらしさを失わず個別要求にも応えられる、そんな“わがままクラウド”を探った。

2014年07月07日 12時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 クラウドコンピューティングといえば、Webポータルから仮想マシンをクリックし即時購入するIaaS(Infrastructure as a Service)などのパブリッククラウドを思い浮かべる人が多いだろう。パブリッククラウドは、オンデマンド性、俊敏性、拡張性などに優れた画期的なサービスだ。

 だが、エンタープライズ用途(既存環境のクラウド移行)で考えた場合、パブリッククラウドが必ずしも適しているとは限らない。パブリッククラウドは、セキュリティポリシーやシステム構成、パフォーマンス、サポートなどさまざまな項目で良くも悪くも自動化や標準化がされており、ユーザーの個別要求に応える仕様になっていないからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...