2015年01月05日 08時00分 公開
特集/連載

ファイル共有を情報漏えいの温床にしない「4つの手順」今から始める「データセキュリティ」【第5回】

情報漏えい対策を進める上で、データベースと同等か、それ以上に重要なのがファイルのセキュリティ対策だ。その具体的な手順を解説する。

[岩下洋司,Imperva Japan]

 前回「データベースより危険? 『ファイル共有』が内部犯行者の標的に」では、ファイルのセキュリティ対策にも注意が必要な理由と、ファイル操作を直接監視して制御する「ファイル基点」のセキュリティ対策が有効であることを示した。

 第5回となる今回は、こうしたファイル基点のセキュリティ対策に必要となる機能を紹介。その上で、情報漏えいを防ぐ4つのポイントを例に挙げ、その実効的手段や方法について解説する。

ファイル基点のセキュリティ対策に求められる機能

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...