2015年01月05日 08時00分 公開
特集/連載

ファイル共有を情報漏えいの温床にしない「4つの手順」今から始める「データセキュリティ」【第5回】

情報漏えい対策を進める上で、データベースと同等か、それ以上に重要なのがファイルのセキュリティ対策だ。その具体的な手順を解説する。

[岩下洋司,Imperva Japan]

 前回「データベースより危険? 『ファイル共有』が内部犯行者の標的に」では、ファイルのセキュリティ対策にも注意が必要な理由と、ファイル操作を直接監視して制御する「ファイル基点」のセキュリティ対策が有効であることを示した。

 第5回となる今回は、こうしたファイル基点のセキュリティ対策に必要となる機能を紹介。その上で、情報漏えいを防ぐ4つのポイントを例に挙げ、その実効的手段や方法について解説する。

ファイル基点のセキュリティ対策に求められる機能

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?
日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション...

news015.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年11月)
「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。今週は「Optimizely」が顧客ドメイン数...

news020.jpg

スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うの...