2015年01月29日 15時00分 公開
特集/連載

MacでWindows「タスクマネージャー」と同様の機能を使うと何が便利?「アクティビティモニタ」の使い方を解説

米Appleの「Mac」を管理しなければならないIT管理者は、Windowsの「タスクマネージャー」のような機能が使いたいと思うときがあるだろう。そこで役立つのが「アクティビティモニタ」だ。

[Ric Getter,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Windows | Apple | OS


 Windowsで何か問題が起こったらまず「タスクマネージャー」を開くが、米Appleの「Mac」ではどうだろうか? 愛好者が何と言うかはさておき、Macといえども問題が起こるときは起こる。Windowsにおけるタスクマネージャー同様、MacのOSである「OS X」も「アクティビティモニタ」というユーティリティを用意する。

 アクティビティモニタを使うと、システムの各種パフォーマンス情報を確認したり、各プロセスやアプリケーションがメモリやディスク、ネットワークをどれくらい使用しているかを調べたりできる。

「アクティビティモニタ」でできること

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。