2015年01月29日 15時00分 公開
特集/連載

MacでWindows「タスクマネージャー」と同様の機能を使うと何が便利?「アクティビティモニタ」の使い方を解説

米Appleの「Mac」を管理しなければならないIT管理者は、Windowsの「タスクマネージャー」のような機能が使いたいと思うときがあるだろう。そこで役立つのが「アクティビティモニタ」だ。

[Ric Getter,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Windows | Apple | OS


 Windowsで何か問題が起こったらまず「タスクマネージャー」を開くが、米Appleの「Mac」ではどうだろうか? 愛好者が何と言うかはさておき、Macといえども問題が起こるときは起こる。Windowsにおけるタスクマネージャー同様、MacのOSである「OS X」も「アクティビティモニタ」というユーティリティを用意する。

 アクティビティモニタを使うと、システムの各種パフォーマンス情報を確認したり、各プロセスやアプリケーションがメモリやディスク、ネットワークをどれくらい使用しているかを調べたりできる。

「アクティビティモニタ」でできること

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...