多くの患者が選ぶクリニックとは? 鍵を握るスマホ時代のマーケティング戦略【連載コラム】医療ITの現場から

「患者は医療機関に何を望んでいるのか」「再訪したくなるのはどんな医療機関か」など、多くの患者に選ばれるクリニックになるために役立つ医療機関向けマーケティング戦略を解説する。

2015年02月06日 08時00分 公開
[大西大輔,メディキャスト]

 「患者(消費者)に対して医療(サービス)を提供する」という観点から、医療分野でもマーケティング活動を進める動きがあります。マーケティングの定義や手法には諸説ありますが、医療分野に限って言えば「患者が必要なときに自院を選んで来てくれる仕組みを作る活動全般を指す」と表現できます。

 従来、医療機関のマーケティング活動では、人づてに伝聞する「口コミ情報」を最も重視してきました。しかし、口コミ情報の伝達手段も時代によって変化しています。本稿では、伝達手段の変化とともに変わるマーケティング手法を解説します。

テレビ時代の法則「AIDMA」

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...