2015年03月27日 08時00分 公開
特集/連載

医療現場の「iPad」活用がなぜか進まない理由とは?「メディカルiOSフォーラム2015」リポート

どうすれば医療現場で「iPad」を有効活用できるのか。iOSコンソーシアム医療WGが開催した「メディカルiOSフォーラム2015」では、そのヒントが多く紹介された。

[馬場大介,iOSコンソーシアム]

関連キーワード

iPad | iOS | iPhone | Apple | 医療IT


 iOSコンソーシアム医療WG(ワーキンググループ)は2015年3月15日、Apple Store銀座で「メディカルiOSフォーラム2015」を開催した。iOSコンソーシアムは、「iOS」搭載端末の新たな市場ニーズを活性化させ、より多様なサービスやソリューションを創出し、ユーザーと関連ベンダーを結ぶ環境づくりを目的に設立された団体だ。医療WGでは、医療業界特有の利用方法の調査やiOS関連商材の紹介を通じて、ユーザーの満足度向上と参加企業の事業拡大を目指している。

 今回のフォーラムの全体テーマは「医療現場でもっと役立つiPadの活用方法」。医療現場における「iPad」活用の第一人者である習志野整形外科内科院長の宮川一郎氏がゲストスピーカーとして登壇した。日曜日午前という開始時間にもかかわらず100人を超える申し込みがあり、立ち見が出るほどの盛況となった。本稿では、同フォーラムの講演内容の一部を紹介する。

医療機関のiPad導入が進まない理由は?

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...