2015年05月20日 12時00分 公開
特集/連載

「フラッシュ技術」で大きく変わるストレージ、データ分析にも踏み出すもうストレージを単なるデータ置き場とは呼ばせない

今後のストレージは単なるデータ置き場ではない。フラッシュストレージ技術と仮想化などにより、高度なデータ処理を同時に行うことができるようになる。

[Jeff Kato,TechTarget]
米Qumuloの公式サイト《クリックで拡大》

 率直に言って、現在のストレージは能がない。大抵は単なるデータ置き場だ。作成するデータが増えたら、私たちはストレージを買い足してまたそこに詰め込んでいく。だが、下記のようなことがストレージアレイの内部で起こっていても、私たちはわからない。

  • 任意の時点で誰がどのストレージを使っているか
  • どのアプリケーションがストレージを大量に消費しているか
  • どのアプリケーションが不正にストレージにアクセスしているか
  • 誰によってどの機密情報がどれだけ保存され、移動され、アクセスされているか

 「誇張では?」と言われればもちろんそうだが、多少誇張しただけにすぎない。全体としてはこれらの文は正しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。