2015年05月20日 12時00分 UPDATE
特集/連載

もうストレージを単なるデータ置き場とは呼ばせない「フラッシュ技術」で大きく変わるストレージ、データ分析にも踏み出す

今後のストレージは単なるデータ置き場ではない。フラッシュストレージ技術と仮想化などにより、高度なデータ処理を同時に行うことができるようになる。

[Jeff Kato,TechTarget]
tn_tt_storage.jpg 米Qumuloの公式サイト《クリックで拡大》

 率直に言って、現在のストレージは能がない。大抵は単なるデータ置き場だ。作成するデータが増えたら、私たちはストレージを買い足してまたそこに詰め込んでいく。だが、下記のようなことがストレージアレイの内部で起こっていても、私たちはわからない。

  • 任意の時点で誰がどのストレージを使っているか
  • どのアプリケーションがストレージを大量に消費しているか
  • どのアプリケーションが不正にストレージにアクセスしているか
  • 誰によってどの機密情報がどれだけ保存され、移動され、アクセスされているか

 「誇張では?」と言われればもちろんそうだが、多少誇張しただけにすぎない。全体としてはこれらの文は正しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...