2015年06月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2015国際医用画像総合展リポートITEM2015で見た、医療クラウドの最新動向

パシフィコ横浜にて2015年4月17日から19日まで開催された「2015国際医用画像総合展」(ITEM)。その展示内容から医用画像などを外部のデータセンターに保管するクラウドサービスの一部を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

PACS | 医療IT | 医療クラウド


photo 市場調査リポートのPACS市場予測。TechTargetジャパン「2018年のPACS市場は465億円規模、急増するクラウド型PACS」より《クリックで拡大》

 調査会社シード・プランニングの市場調査リポート「2014年版電子カルテの市場動向調査-電子カルテ/PACS市場規模予測とシェア動向」によると、2014年3月時点で医用画像管理システム(PACS)のクラウドサービスは国内230施設で運用されているという。

 また、2015年3月時点の累計を470施設以上と見込んでおり、その導入が本格化していることが伺える。

 こうした中、パシフィコ横浜にて2015年4月17日から19日までの3日間、「2015国際医用画像総合展」(ITEM)が開催された。

photo 3日間で2万2457人が来場したという

 日本画像医療システム工業会が運営するこのイベントは、医用画像機器および周辺機器の総合学術展示会だ。今回のITEMでは、外部のデータセンターを利用したPACS関連のクラウドサービスが多く展示されていた。その一部を紹介する。

NOBORIをネットワーク基盤として活用する「NOBORI-PAL」――テクマトリックス

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...