2015年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

ITEM2015で見た、医療クラウドの最新動向2015国際医用画像総合展リポート

パシフィコ横浜にて2015年4月17日から19日まで開催された「2015国際医用画像総合展」(ITEM)。その展示内容から医用画像などを外部のデータセンターに保管するクラウドサービスの一部を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

PACS | 医療IT | 医療クラウド


photo 市場調査リポートのPACS市場予測。TechTargetジャパン「2018年のPACS市場は465億円規模、急増するクラウド型PACS」より《クリックで拡大》

 調査会社シード・プランニングの市場調査リポート「2014年版電子カルテの市場動向調査-電子カルテ/PACS市場規模予測とシェア動向」によると、2014年3月時点で医用画像管理システム(PACS)のクラウドサービスは国内230施設で運用されているという。

 また、2015年3月時点の累計を470施設以上と見込んでおり、その導入が本格化していることが伺える。

 こうした中、パシフィコ横浜にて2015年4月17日から19日までの3日間、「2015国際医用画像総合展」(ITEM)が開催された。

photo 3日間で2万2457人が来場したという

 日本画像医療システム工業会が運営するこのイベントは、医用画像機器および周辺機器の総合学術展示会だ。今回のITEMでは、外部のデータセンターを利用したPACS関連のクラウドサービスが多く展示されていた。その一部を紹介する。

NOBORIをネットワーク基盤として活用する「NOBORI-PAL」――テクマトリックス

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...