2015年07月03日 08時00分 公開
特集/連載

マヒした手のリハビリができる「Apple Watch」用アプリが登場医療IT最新トピック(1/2 ページ)

手のリハビリを支援するiOS/Apple Watch対応アプリ、処方薬のオンライン対面販売サービス、パナソニックと富士通による高齢者見守りサービスの実証実験など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Apple | Apple Watch | 医療IT | ウェアラブル


photo 《クリックで拡大》

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。

 今回は、作業療法士などが考案した手のリハビリを支援する「iOS」端末/「Apple Watch」用アプリケーション、へき地や離島での活用を視野に入れた処方薬のオンライン対面販売サービス、パナソニックと富士通が開始した高齢者見守りサービスの実証実験などを取り上げる。

処方薬のオンライン対面販売サービスを開発、ブイキューブとエムキューブ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...