2016年08月12日 08時00分 公開
特集/連載

破壊の波が変革するITサービスマネジメントの展望Computer Weekly製品ガイド

技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSはサービスマネジメントツール市場をどう変化させるのか。

[Jean Pierre Garbani,Computer Weekly]

 昨今のソーシャルモバイルやクラウド破壊のように、技術にはサイクルがあり、技術とビジネスの関係や技術管理、ビジネスニーズへの対応の在り方に影響を及ぼす。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 サービスマネジメントツールのサプライヤーはそうしたサイクルを追い、技術だけでなく規模やワークロードの量、ビジネスモデルという結果も管理できるツールを提供している。現在のサイクルは2008年の経済危機(リーマン・ショック)と技術破壊の影響を受けている。いずれもビジネスと技術の関わり方に大きな影響を与え、インフラ&オペレーション(I&O)組織とサービスマネジメントツールの選定方法に波及した。

 I&O組織によるサービスマネジメントツールの選定方法には主に、“最適化”“変革”“代替製品の選択”という3つのトレンドがある。

 まず、I&O組織はコスト削減のためにサービスマネジメントツールを最適化する。ほとんどのI&O組織はツールを受動的、戦術的に調達・選定する傾向がある。そのため時がたつにつれてサービスマネジメントツール、特にインフラマネジメントツールが使われないまま堆積し、重複する。

 CA Technologiesは、エンタープライズソフトウェア収入が2014年に減少した。その主な原因は、

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。