2016年09月21日 08時00分 公開
特集/連載

Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?Microsoftの2016年度事業報告書から見えるもの

Microsoftはスマートフォン事業からの撤退を推し進め、多くの従業員を解雇している。同社は今後どこへ向かうのか?

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 2016年5月、Windows部門の責任者であるテリー・マイヤーソン氏は、同社がスマートフォンのハードウェアを担当していた部門の従業員を1850人削減する計画があることを認めた。

Computer Weekly日本語版 9月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社CEOのサトヤ・ナデラ氏は、この方針転換について次のように語った。「当社の携帯電話事業は、当社が他社に比べて有利な分野に注力する。それはすなわち、セキュリティ、管理のしやすさ、当社独自のContinuum機能を重視する大企業と、大企業のこの価値観に共感するコンシューマー(一般消費者)だ。あらゆるモバイルプラットフォームに対応可能な当社のクラウドサービスで、端末の種類を問わないイノベーションを継続する」

企業戦略

 Microsoftの戦略は、Windowsをあらゆる場所に普及させることではなさそうだ。フィーチャーフォン部門の売り上げは2016年5月時点で3億5000万ドルにとどまっており、スマートフォン事業の縮小も継続していることから、Microsoftは事業の中心をクラウドベースのソフトウェアへ、そして意外にもPCとタブレットのハイブリッド型端末である「Surface」へと移行させつつある。

 同社の2016年会計年度(2016年6月30日に終了)の年次報告書の記載によると、Officeの売り上げは過去3年間235億〜243億ドルの間で安定している一方、Surfaceの売り上げは2014年の19億ドルから2016年には41億ドルへと急激に伸びたという。

 また、Microsoftの2016年度年次報告書によると、直接販売によるWindowsの売り上げは2016年会計年度が81億ドル。2015年会計年度は148億ドルだったという。

Windows 10

 MicrosoftはWindows 10について次のように説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...