2018年05月03日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2019」はAzure連携を大幅強化、CALは値上げかコンテナ関連の機能も充実、「R2」は廃止(2/2 ページ)

[Tom Walat,TechTarget]
前のページへ 1|2       

コンテナ関連機能を強化するWindows Server 2019

 Windows Server 2019は、Windows Serverの「長期サービスチャネル」(LTSC:Long-Term Servicing Channel)というリリースモデルの次期リリースとして提供される。LTSCは約2、3年ごとにメジャーバージョンをリリースする、安定稼働が必要なシステムに適したリリースモデルだ。一方で年2回更新するWindows Serverのリリースモデル「半期チャネル」(SAC:Semi-Annual Channel)は、特にコンテナをはじめとする最新テクノロジーを迅速に取り入れたい組織向けのリリースモデルである。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...