2018年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

Windowsアプリ管理もクラウドで 「Microsoft Intune」本格移行はいつ?アプリケーション管理も徐々にクラウドへ

「System Center Configuration Manager」(SCCM)を使ったこれまでのアプリケーション管理方式から、クラウドを使った新しい管理方式にいつ移行すべきか、慎重に検討すべきだ。

[Tim Mangan,TechTarget]
画像 クラウド利用も視野に入れた見直しが必要

 Microsoftは企業のWindows管理者に、コンピューティングリソースとユーザーの管理を新しい方式に移行してほしいと考えている。そのコンセプトと方向性はいいが、全ての組織が移行できる段階にあるわけではない。まずは新しいWindowsアプリケーション管理方式を理解し、いつどこに導入するのがよいか、慎重に見極めることが重要だ。

 アプリケーション管理では、デバイスをOSとアプリケーション、ID(アイデンティティー)について、ポリシーを適用することが必要だ。これまではSCCM、アプリケーション仮想化、ディレクトリサービスの「Microsoft Active Directory」(AD)とグループポリシーを組み合わせる方式だったため、オンプレミス環境での管理が前提となることが多かった。Microsoftの新しいアプリケーション管理方式はこれらを全てクラウドに移し、IT部門が設定用の環境構築をしなくて済むようにする。

新しい管理方式の方向性

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...