2018年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

SAPやSiemensが後押し3Dプリントテクノロジーの最新進化 事例が示す次のブレークスルーとは

3Dプリント(付加製造)技術は進化し、航空宇宙業界や自動車業界の製造プロセスを改善できるようになっている。3Dプリントの外部委託を可能にするネットワークの成長も始まりつつある。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

製造業 | 技術解説 | トレンド解説


画像

 3Dプリントは新しいテクノロジーではない。しかしその導入事例や利用業界は少ない。製造方法を変える大きな影響もまだない。ただし、付加製造技術としても知られる3Dプリントテクノロジーは進化を続けており、新たなプリント装置、プロセス、材料が使えるようになっている。同じく重要なのがソフトウェアシステムだ。ソフトウェアシステムによって企業は3Dプリントを管理、運用できる。新たに登場した3Dプリントネットワークも重要になる。社内に3Dプリント装置を導入できない企業は、このネットワークを通じてオンデマンドで3Dプリントを実現できる。本稿は、3Dプリントテクノロジーの見本市『RAPID + TCT』で、Gartnerで3Dプリント分野の調査担当バイスプレジデントを務めるピート・バシリエーレ氏にインタビューした内容をまとめたものだ。同氏はこのインタビューの中で、3Dプリント業界と3Dプリントが製造工程に不可欠になると予想される理由について語った。

――3Dプリント業界は約30年になります。しかし製造分野全体で見ると、導入率はごくわずかです。製造分野で3Dプリントがこれまで以上に重要な役割を担う兆候はありますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。