2018年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

NutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」とハイパーバイザー「AHV」の特徴はAHVを無償リリース

Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)ソフトウェア「Acropolis」と「AHV」について、よく寄せられる質問とその答えを紹介する。

[Rodney Brown,TechTarget]
写真

 ハイパーコンバージェンスでは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が、そのシステム内のコンピューティングリソース、ストレージリソース、仮想化リソースをハイパーバイザーで管理する。これがコンバージドインフラとの主な違いだ。

 大半のHCIはVMwareのハイパーバイザーをサポートする。ただしMicrosoftの「Microsoft Hyper-V」をハイパーバイザーとしてサポートするものも幾つかある。HCIのパイオニアNutanixはこの両方のハイパーバイザーをサポートする。さらにオープンソースのカーネルベースの仮想マシン(KVM)テクノロジーを基盤に構築した独自のハイパーバイザーもサポートする。

 Nutanixのハイパーバイザー「AHV」は、NutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」に含まれる。NutanixはAHVを無償にし、自社のHCIソフトウェアで使用されるようにしている。だが必須ではない。

 AHVとAcropolisの初回リリースは2015年だ。現在は、2017年12月にリリースされたバージョン5.5になる。

AHVとAcropolisについてよく寄せられる質問

Nutanix Acropolisとはどのようなものか

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...