2018年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

AHVを無償リリースNutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」とハイパーバイザー「AHV」の特徴は

Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)ソフトウェア「Acropolis」と「AHV」について、よく寄せられる質問とその答えを紹介する。

[Rodney Brown,TechTarget]
写真

 ハイパーコンバージェンスでは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が、そのシステム内のコンピューティングリソース、ストレージリソース、仮想化リソースをハイパーバイザーで管理する。これがコンバージドインフラとの主な違いだ。

 大半のHCIはVMwareのハイパーバイザーをサポートする。ただしMicrosoftの「Microsoft Hyper-V」をハイパーバイザーとしてサポートするものも幾つかある。HCIのパイオニアNutanixはこの両方のハイパーバイザーをサポートする。さらにオープンソースのカーネルベースの仮想マシン(KVM)テクノロジーを基盤に構築した独自のハイパーバイザーもサポートする。

 Nutanixのハイパーバイザー「AHV」は、NutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」に含まれる。NutanixはAHVを無償にし、自社のHCIソフトウェアで使用されるようにしている。だが必須ではない。

 AHVとAcropolisの初回リリースは2015年だ。現在は、2017年12月にリリースされたバージョン5.5になる。

AHVとAcropolisについてよく寄せられる質問

Nutanix Acropolisとはどのようなものか

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...