2018年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

AHVを無償リリースNutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」とハイパーバイザー「AHV」の特徴は

Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)ソフトウェア「Acropolis」と「AHV」について、よく寄せられる質問とその答えを紹介する。

[Rodney Brown,TechTarget]
写真

 ハイパーコンバージェンスでは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が、そのシステム内のコンピューティングリソース、ストレージリソース、仮想化リソースをハイパーバイザーで管理する。これがコンバージドインフラとの主な違いだ。

 大半のHCIはVMwareのハイパーバイザーをサポートする。ただしMicrosoftの「Microsoft Hyper-V」をハイパーバイザーとしてサポートするものも幾つかある。HCIのパイオニアNutanixはこの両方のハイパーバイザーをサポートする。さらにオープンソースのカーネルベースの仮想マシン(KVM)テクノロジーを基盤に構築した独自のハイパーバイザーもサポートする。

 Nutanixのハイパーバイザー「AHV」は、NutanixのHCIプラットフォーム「Acropolis」に含まれる。NutanixはAHVを無償にし、自社のHCIソフトウェアで使用されるようにしている。だが必須ではない。

 AHVとAcropolisの初回リリースは2015年だ。現在は、2017年12月にリリースされたバージョン5.5になる。

AHVとAcropolisについてよく寄せられる質問

Nutanix Acropolisとはどのようなものか

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...

news016.jpg

オウンドメディアリクルーティング、実践企業の約9割が効果を実感――Indeed Japan調査
Indeed Japanは「オウンドメディアリクルーティング」に関する調査を実施しました。