2019年02月08日 05時00分 公開
特集/連載

グラフィックス処理だけではない GPUのコンピュータにおける役割とは?ビッグデータ処理や機械学習、顔認識アプリケーションにも導入可能

グラフィックスを処理するために開発されたGPUだが、活躍の場はもはやゲーム業界だけではない。本稿ではGPUの能力が仮想化やデータセンターといった分野での利用に適している理由と、使用する際の注意点を解説する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

データセンター | インフラ | 機械学習


photo

 グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)は一般的な中央処理装置(CPU)に比べて、複雑な関数や演算をはるかに効率よく実行できる。

 GPUは、データセンターのアプリケーションのパフォーマンスを向上させる可能性がある。こうしたアプリケーションは、並列処理、SQLデータベースの計算、画像認識、機械学習、ビッグデータ分析など、複雑な関数や大規模データセットを必要とするためだ。

 チップ設計者がGPUを開発したのは、ゲーム業界におけるグラフィックスアルゴリズムを処理するためだ。CPUには、2Dのディスプレイで3D画像をレンダリングしたり、特殊効果をレンダリングしたりする能力が備わっていなかった。GPUハードウェアを専用チップとして組み込めば、アプリケーションからグラフィックス処理をオフロードできる。GPUチップは、多くの場合拡張カードに搭載される。GPUはレンダリングを実行し、画像の各フレームを作り出すのに必要な効果を施す。その後、GPUカード上のポートに直接接続されたディスプレイにその画像を送り出す。

なぜゲーム以外の業界がGPU以外に注目しているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。