2019年02月20日 09時00分 公開
特集/連載

NVMeの最新標準「NVMe over Fibre Channel」とは何か?既存のFC SANでも利用可能(2/2 ページ)

[Scott Sinclair,TechTarget]
前のページへ 1|2       

個別のコンポーネントにも注意

 個別のコンポーネントにも注意が必要だ。ストレージシステム、スイッチ、ホストバスアダプターが重要な構成要素だが、他にも考慮するコンポーネントがある。例えば、OSもFC-NVMeをサポートしなければならない。例えば「SUSE Linux」は対応済みだが、他のOSはまだ計画段階にある。

 マルチパスソフトウェアもチェックする。幸い、NVMeストレージベンダーは「従来のFC SANで実行してもパフォーマンス上のメリットがある」としている。FC-NVMeが使える既存デバイスは増えている。早期導入企業は「新しく発生する障害を解決するためには更新が必要」ということを理解しておく必要がある。

新しいインフラの必要性

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...