2019年03月14日 05時00分 公開
特集/連載

ユーザー5億人への影響はWinRARで見つかった「19年間放置されていた脆弱性」の正体は?

WinRARの全バージョンに、2000年よりも前から存在していたとみられる脆弱性が発見され、修正された。数億人ともいわれるWinRARユーザーが、修正パッチを受け取れるかどうかは不透明だ。

[Michael Heller,TechTarget]
画像

 セキュリティ研究者が、ファイル圧縮・解凍ソフトウェア「WinRAR」の脆弱(ぜいじゃく)性を発見した。2000年より前から、つまり19年以上も存在していたとみられるこの脆弱性の影響は、何百人ものエンドユーザーに及ぶ恐れがあった。この脆弱性はバージョン5.70で修正済みだ。

 セキュリティベンダーCheck Point Software Technologiesのセキュリティ研究者、ナダブ・グロスマン氏によると、グロスマン氏のチームはオープンソースソフトウェア(OSS)のファジング(脆弱性検出)ツール「WinAFL」を使って、WinRARの脆弱性を発見した。WinRARはファイルをZIP形式またはRAR形式に圧縮・解凍するために使われる。

 「ファジングツールによって発生したクラッシュの一つが、古いDLL(ダイナミックリンクライブラリ)の発見につながった。このDLLは、2006年にASLR(アドレス空間配置のランダム化)やDEP(データ実行防止)などの保護対策を実装しないままコンパイルされ、WinRARによって使われていた」。グロスマン氏は2019年2月のブログにそう記している。

 グロスマン氏は今回のWinRARの脆弱性について、ACE形式の圧縮フォーマットを処理するために使われていた旧式のDLLが原因だったと解説する。

WinRARで見つかった脆弱性

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。