2019年03月14日 05時00分 公開
特集/連載

ユーザー5億人への影響はWinRARで見つかった「19年間放置されていた脆弱性」の正体は?

WinRARの全バージョンに、2000年よりも前から存在していたとみられる脆弱性が発見され、修正された。数億人ともいわれるWinRARユーザーが、修正パッチを受け取れるかどうかは不透明だ。

[Michael Heller,TechTarget]
画像

 セキュリティ研究者が、ファイル圧縮・解凍ソフトウェア「WinRAR」の脆弱(ぜいじゃく)性を発見した。2000年より前から、つまり19年以上も存在していたとみられるこの脆弱性の影響は、何百人ものエンドユーザーに及ぶ恐れがあった。この脆弱性はバージョン5.70で修正済みだ。

 セキュリティベンダーCheck Point Software Technologiesのセキュリティ研究者、ナダブ・グロスマン氏によると、グロスマン氏のチームはオープンソースソフトウェア(OSS)のファジング(脆弱性検出)ツール「WinAFL」を使って、WinRARの脆弱性を発見した。WinRARはファイルをZIP形式またはRAR形式に圧縮・解凍するために使われる。

 「ファジングツールによって発生したクラッシュの一つが、古いDLL(ダイナミックリンクライブラリ)の発見につながった。このDLLは、2006年にASLR(アドレス空間配置のランダム化)やDEP(データ実行防止)などの保護対策を実装しないままコンパイルされ、WinRARによって使われていた」。グロスマン氏は2019年2月のブログにそう記している。

 グロスマン氏は今回のWinRARの脆弱性について、ACE形式の圧縮フォーマットを処理するために使われていた旧式のDLLが原因だったと解説する。

WinRARで見つかった脆弱性

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。