2019年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

7pay事件で再考すべき「Webアプリケーション」のリスクと対策「シャドーIT」の隠れた通信も落とし穴に

「7pay」の不正アクセスなど、インターネット通信を利用するWebアプリケーションのインシデントが後を絶たない。Webアプリケーションのユーザー側と提供者側の双方から見て注意すべきリスクとは何だろうか。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 インターネットなどのネットワークを介して利用するWebアプリケーションが普及する一方で、攻撃者もそれを狙った不正行為を試みている。世間を賑わせた、2019年7月に発生した決済サービス「7pay」の不正アクセスは、その代表例だ。Webアプリケーションはありふれた存在であるだけに、サービス提供者にとってもユーザーにとっても、不正アクセスの問題は対岸の火事ではない。

 本稿はWebアプリケーションを狙った攻撃手法と、具体的な対策を紹介する。インシデントに備え、Webアプリケーションに伴うリスクと対策をいま一度理解しておこう。

攻撃の手口は4ステップ

 ネットワークセキュリティ分野に詳しいアカマイ・テクノロジーズの中西一博氏によれば、Webアプリケーションに対する攻撃は、以下のような箇所が対象になるという(図1)。

  • Webブラウザやスマートフォン向けアプリケーション
  • Webアプリケーションが稼働するWebサーバ
  • Webアプリケーション本体
  • Webアプリケーションと連携するデータベース
図1 図1 Webアプリケーションの構成と攻撃の対象になり得る箇所(出典:アカマイ・テクノロジーズの資料を基に編集部で一部変更)《クリックで拡大》

 上記の箇所を狙い、攻撃者は以下の4つのフェーズで攻撃を実施する。

  1. 偵察
  2. マッピング
  3. 特定
  4. 実行

1.偵察

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...