2019年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

7pay事件で再考すべき「Webアプリケーション」のリスクと対策「シャドーIT」の隠れた通信も落とし穴に

「7pay」の不正アクセスなど、インターネット通信を利用するWebアプリケーションのインシデントが後を絶たない。Webアプリケーションのユーザー側と提供者側の双方から見て注意すべきリスクとは何だろうか。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 インターネットなどのネットワークを介して利用するWebアプリケーションが普及する一方で、攻撃者もそれを狙った不正行為を試みている。世間を賑わせた、2019年7月に発生した決済サービス「7pay」の不正アクセスは、その代表例だ。Webアプリケーションはありふれた存在であるだけに、サービス提供者にとってもユーザーにとっても、不正アクセスの問題は対岸の火事ではない。

 本稿はWebアプリケーションを狙った攻撃手法と、具体的な対策を紹介する。インシデントに備え、Webアプリケーションに伴うリスクと対策をいま一度理解しておこう。

攻撃の手口は4ステップ

 ネットワークセキュリティ分野に詳しいアカマイ・テクノロジーズの中西一博氏によれば、Webアプリケーションに対する攻撃は、以下のような箇所が対象になるという(図1)。

  • Webブラウザやスマートフォン向けアプリケーション
  • Webアプリケーションが稼働するWebサーバ
  • Webアプリケーション本体
  • Webアプリケーションと連携するデータベース
図1 図1 Webアプリケーションの構成と攻撃の対象になり得る箇所(出典:アカマイ・テクノロジーズの資料を基に編集部で一部変更)《クリックで拡大》

 上記の箇所を狙い、攻撃者は以下の4つのフェーズで攻撃を実施する。

  1. 偵察
  2. マッピング
  3. 特定
  4. 実行

1.偵察

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...