2019年09月24日 05時00分 公開
特集/連載

金融×AIの現在【後編】ローン会社が機械学習で実現した「信用情報が不要のローン審査」とは?

膨大なデータの活用を課題に掲げる企業がある一方で、少ないデータからどう知見を得るか悩む企業もある。いずれにしても解決の鍵はAI技術にあるようだ。メキシコのローン会社の事例からAI技術の可能性を探る。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

金融 | 機械学習


画像 《クリックで拡大》

 メキシコにあるローンの小規模スタートアップ(創業間もない企業)Kueskiは機械学習などのAI(人工知能)技術を使用して、ローンの借り手になり得る資格があるかどうかの審査の迅速化と自動化を図っている(現状ではメキシコ市民のみが対象)。

 一般的なローン会社とは異なり、Kueskiは借り手の資格審査に必ずしも、これまでのローンやクレジットカードの利用履歴といった信用情報を考慮しない。

 「(メキシコでは)銀行を利用していない人が占める割合が非常に高く、多くの人が銀行に預金をしていない」とKueskiの最高技術責任者(CTO)、ハイメー・ロメロ氏は話す。多くの人にクレジットカードの利用経験がないため、信用情報はほとんどないと同氏は語る。

 2012年設立のKueskiでデータサイエンス部門のディレクターを務めるパブロ・ダバロス氏に、同社の金融サービスシステムでAIシステムが資格を審査する方法について詳しく聞いた。

信用情報を使わないローン審査の方法

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...