Googleが発表した「説明可能なAI」で実現すること結論の明確化に照準

Googleは、ユーザーがもっと説明可能なAIモデルを開発してデプロイできるようにする新たな製品群「Explainable AI」を発表した。その中身とは

2020年01月09日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

Google | 機械学習


 Googleは2019年11月21日、説明可能性を高めた人工知能(AI)モデルをデプロイ(配備)できるエンタープライズ向け新たな製品群の「Explainable AI」を発表した。同社は1年以上にわたり、もっと信頼できるAIモデルを開発してデプロイするためのツールを提供する取り組みを続けている。データプライバシー侵害を巡って批判されることもある同社だが、もっとオープンで説明可能なAI技術の開発という急成長分野にも活発に取り組んでいる。

 「GoogleはAI技術を取り巻く責任とガバナンスといった重要なトピックに関連して、マクロレベルで活発に活動してきた」。コンサルティング企業Clickchart(「CCS Insight」の名称で事業展開)で副社長を務めるニック・マクワイア氏はそう解説する。主にAI技術の重要原則に関する顧客の教育を基本として、倫理、政策、戦略といったマクロ分野に重点を置いている。

 Explainable AIは、説明可能なAIモデルの導入と管理のためのツールとフレームワーク(特定の設計思想に基づくライブラリなどのソフトウェアやテンプレート、ドキュメントの集合体)で構成される。Explainable AIの要となるのは、β版サービスの「AI Explanations」だ。

AIモデルの説明可能性を高める「AI Explanations」

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。