2020年02月06日 05時00分 公開
特集/連載

エッジのセキュリティをどう確保するか【後編】エッジコンピューティングを危険にしないために「ゼロトラスト」が必要な理由

セキュリティに関する懸念から、企業はエッジコンピューティングの導入に足踏みする可能性がある。この懸念に対処するには何が必要なのか。

[Albert McKeon,TechTarget]

 「ID管理はセキュリティを左右する」という見解に同意する企業は少なくないだろう。一方で調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼主席アナリストであるブライアン・ホプキンズ氏は、ID管理を「完全に破綻した手法だ」と捉える。

 システムを保護する一般的なやり方は「全く間違っている」とホプキンズ氏は言い切る。「人々は一連の必要なサービスを保護する方法について、『サービスの周りに円を描き、その中にファイアウォールを配置して、サービスを使う人だけがアクセスできるようにする』と考えている」(同氏)

 問題は、攻撃者が正規のアカウントを装うことができれば、誰かにとがめられることなくシステム内を自由に動き回れることだ。そうした背景から、データの発生源であるデバイスの近くを意味する「エッジ」のセキュリティを確立する方法としてForrester Researchは「ゼロトラストセキュリティ」を推奨する。これは認証を受けない限り、CSO(最高セキュリティ責任者)も含めて誰も信用しないという考え方のことを指す。

全てを信用しない「ゼロトラストセキュリティ」

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...