2020年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

脱マスマーケティングとパーソナライゼーションは「機械学習」が促す「AI」がマーケティングを進化させる【前編】

企業は一人一人の消費者に合ったデジタルマーケティング戦略を生み出す必要に迫られている。そこで役立つのが機械学習だ。なぜなのか。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 人工知能(AI)技術は、カスタマーサービス、価格の最適化、細分化した販売キャンペーンなど、顧客が関わるビジネスプロセス全体に浸透しているといっても過言ではない。デジタルマーケティングに取り入れられる機械学習は、新規顧客の開拓計画を自動化し、パーソナライズする能力を備えている。顧客との強固な関係性を構築するために、データと試験販売戦略からインサイト(洞察)を蓄積したり、顧客の意向や好みを掘り下げたりすることが可能だ。

 企業が一般的なマスマーケティングの代わりにパーソナライズしたマーケティングを取り入れるには、各種戦略を迅速にテストできるよう、データを供給して階層化されたアルゴリズムを作成しなければならない。質の高いデータの不足とスケーラビリティの実現に伴う高額なコストが、パーソナライズしたマーケティングの普及を妨げているのが実情だ。

 機械学習は、マーケティングで到達できるユーザーの範囲を拡大し、コンテンツの大幅なパーソナライズを可能にする。コンテンツのパーソナライズとレコメンデーションによるEコマースの成功は、一般消費者一人一人が自分にとって最適なオンライン顧客体験を求めていることを物語っている。

マスマーケティングを手放す

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...