2020年06月11日 05時00分 公開
特集/連載

「Commvault」と「Veeam」の違いとは? 2大バックアップ製品を比較「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【後編】

Commvault SystemsとVeeam Softwareのバックアップ/リカバリー製品は、何が異なるのだろうか。4つの視点で比較する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

バックアップ | データ | リストア


 企業向けのバックアップ/リカバリー製品を提供する代表的なベンダーがCommvault SystemsとVeeam Softwareの2社だ。それぞれが販売する「Commvault Complete Backup & Recovery」と「Veeam Availability Suite」を中心に、2社のバックアップ/リカバリー製品を比較してみよう。

比較ポイント1.ベンダー戦略

 Commvaultは小規模企業向けに特化した製品は用意しておらず、大規模企業やクラウドベンダーを重視しているように映る。これに対してVeeamは、さまざまな業態をターゲットにしてバックアップ/リカバリー製品を提供しているようだ。

 Veeamは、小規模、中規模、大規模企業を相手に製品を提供している他、個人利用向けに設計した無償製品も用意している。

比較ポイント2.バックアップ対象

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...