2020年07月03日 05時00分 公開
特集/連載

エクソンモービル、シェブロンや新興エネルギー企業は「AI」をどう使う?エネルギー分野での活用が広がるAI【後編】

エネルギー業界におけるAI技術導入が加速している。老舗の大手企業が導入に本腰を入れ始めただけではなく、新しい技術を武器に異業種の企業が急速に存在感を高めている。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things) | 機械学習


 従来のエネルギー企業は競争力を保つために、人工知能(AI)技術への投資を増やして利用可能な技術の選択肢を拡充し、減少の一途をたどるエネルギー源への依存を減らそうとしている。石油大手Exxon MobilとChevronは最近、「Oil and Gas Climate Initiative」(OGCI)に加入した。主要グローバル企業のコンソーシアムであるOGCIは、気候変動に対処する革新的な技術に10億ドルを投じている。またShell Energy Retailは最近、再生可能エネルギーへの投資を倍増する予定であることを発表した。これには太陽光発電や電気自動車技術への投資も含まれる。

 エネルギー分野の他の企業も、さまざまな業務を支援するためにAI技術を導入している。消費者のエネルギー使用状況を追跡したり、消費者がより個人に合わせてエネルギーの使い方を調整可能にしたりするためだ。

 AI技術を使用して自律型のグリッド(送電網)運用機能を実現したり、厳しい環境に耐えて故障や大事故を避けながら運用を維持できるAIシステムを開発したりするエネルギー企業もある。英国のGrid Edgeは、消費者の行動パターンに応じてエネルギー使用を最適化するためにAI技術を利用する。

異業種も「AI」でエネルギー効率化に挑戦

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...