10代女子や20代女子がIT職に抱いている“大きな誤解”とは?女性エンジニアが増えない理由【後編】

学校でコンピュータサイエンスを学ぶ女子学習者は一定数いるものの、依然としてIT業界の多様性は乏しい。その背景に存在する誤解と傾向とは何か。

2023年01月04日 08時15分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

ERP | 教育 | プログラマー


 IT業界で働く女性が増えにくい背景には、幾つかの誤解がある――。若い女性の学習を支援する団体Innovate Herは、こう指摘する。どのような誤解があるのか。IT職を目指す女性を増やすための条件とは何なのか。

10代、20代女子がIT職に抱く「誤解」の正体

 男性よりも女性の方が、IT職のための再教育を積極的に受ける傾向にある。女性は概して、学校教育で別の分野を選択した後、ITスキルを身に付けようとするという。一方で10代後半から20代前半の人には、学校でITスキルを学ばないと、その後IT職に就こうとしても「遅過ぎる」という考えが根付いている。

 英国における義務教育後の卒業認定試験「GCSE」(General Certificate of Secondary Education)で、コンピュータサイエンスを選択受験科目にする女子学習者は皆無ではない。ただしInnovate Herによると、科学、技術、工学、数学(STEM)系の科目を選択したり、IT職を希望したりする女子学習者はごくわずかだ。

 Innovate Herは、恵まれない境遇の10代の学習者に、STEM分野の職業に就くことを奨励する。そのためには、STEM分野の職業に就く上で役立つスキルを身に付けるだけではなく「自分を信じる力、他人を信頼する力、立ち直る力を高めることも重要だ」と、同団体の共同創設者兼ディレクターであるチェルシー・スレーター氏は指摘する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...