Exchange Serverの脆弱性「ProxyRelay」を巡る問題 “あれ”が遅過ぎた?どうなった「Exchange Server」の“あの脆弱性”【第4回】

Microsoftの「Exchange Server」の脆弱性「ProxyRelay」。このProxyRelayへの対処について、セキュリティ専門家はMicrosoftを批判している。なぜなのか。

2023年02月24日 08時15分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

 2020年の12月以降、Microsoftのオンプレミス版メールサーバ「Exchange Server」にさまざまな脆弱(ぜいじゃく)性が発見された。その中の一つである「ProxyRelay」は、どのような脆弱性なのか。MicrosoftはProxyRelayのパッチ(修正プログラム)を公開したものの、セキュリティ専門家はMicrosoftの対処には問題があるとみている。

「全てのサーバに侵入可能」なProxyRelay 対処に批判の訳

 ProxyRelayは3つの脆弱性(CVE-2021-33768、CVE-2022-21979、CVE-2021-26414)を含む。攻撃者がこれらの脆弱性を連鎖的に悪用して、Exchange Serverを攻撃する可能性がある。攻撃者がProxyRelayに加え、Microsoftのセキュリティプロトコル「NT LAN Manager」(NTLM)による認証の脆弱性も悪用すれば、ユーザー企業は同一ネットワークの全サーバへの侵入を攻撃者に許す恐れがある。

 台湾のセキュリティコンサルティング会社DEVCOREのセキュリティ研究者オレンジ・ツァイ氏は、ProxyRelayについて「Microsoftによるパッチ公開が遅かった」と指摘する。ProxyRelayの中の脆弱性の一つに対して、Microsoftがパッチを公開するまでに、脆弱性の発見から約1年を要したことを、ツァイ氏は理由に挙げる。同氏は、2020年12月にExchange Serverの脆弱性「ProxyLogon」を発見した人物だ。

 ProxyRelayがどのくらい攻撃に悪用されたかに関するデータはない。ProxyRelayは今後も攻撃に悪用される可能性があるため、Exchange Serverのユーザー企業は迅速にパッチを適用することが重要だ。


 第5回は、Exchange Serverの脆弱性を巡る最近の動向を見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...