Appleが“安全なデバイス”にいよいよ本気? 新機能で変わる点はAppleデバイスは「安全」になるのか【後編】

Appleは2022年頃からセキュリティの強化に本腰を入れ始めた。2023年は3つの新しいセキュリティ機能を投入する。攻撃者に対抗するAppleの本気度とは。

2023年03月01日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

Apple | サイバー攻撃 | セキュリティ


 Appleは2023年中に、3つの新しいセキュリティ機能を提供開始し、同社製デバイスの防御力の強化を図る。本稿は3つの新機能のうち、2つ目と3つ目を取り上げる。

データ流出を減らす――本気になったApple流の防御方法

 「iMessage Contact Key Verification」は、自分が意図している相手にメッセージを送っていることを確認できる機能だ。同じ機能を利用している人との会話が盗聴された場合、アラートを発する機能を持つ。ユーザーはビデオ通話アプリケーション「FaceTime」を使い、認証コード(電話番号やメールアドレスで本人認証するためのコード)を確認できるようになるという。

 「Advanced Data Protection for iCloud」は、写真やメモ、バックアップ用データなど、Appleのクラウドストレージ「iCloud」にあるさまざまなデータを暗号化することが可能だ。既存機能が暗号化の対象とするデータのカテゴリー数は14個だが、Advanced Data Protection for iCloudの投入によってそのカテゴリー数は23個に増える。これにより、iCloudが侵害された場合のデータ流出のリスクが低減する。

 新しいセキュリティ機能の提供は、Appleが同社製デバイスの防御力を高めようとする取り組みの一環だ。2022年に同社は、デバイスが攻撃を受けた場合、利用できる機能を制限することで保護する「ロックダウンモード」の提供を開始した。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。