「Alexa、荷物は今どこ?」を現実に AIで生まれる「音声認識」の新たな用途特選プレミアムコンテンツガイド

業務プロセスを抜本的に変革したいとき、音声認識の技術をどのように取り入れるかが重要だ。現実的なユースケースを紹介する。

2023年03月30日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術を取り入れた音声認識の機能は、複数のコミュニケーション手段を組み合わせたユニファイドコミュニケーションやコンタクトセンター、業務プロセスの変革などビジネスシーンで活用できる可能性が広がっている。

 音声認識を業務フローに取り入れることで、テキスト入力などこれまで手間のかかっていた作業を大幅に効率化できる。言語を用いた業務に幅広く活用できるため、そのユースケースは無限に広がるといっても過言ではない。AI技術と組み合わせれば、顧客とのコミュニケーションの効率化と品質向上を図ることも可能だ。

 本資料では、音声認識をどのようなビジネスシーンで利用できる可能性があるのかを紹介する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...