2009年09月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SCM製品紹介ERPなど各領域との連携で業務シナリオを構築できる「SAP SCMソリューション」

複雑性を増す現代ビジネスにおいて、ERPだけでサプライチェーンをカバーするには限界がある。SAPが導き出した答えが、ERP、PLM、SRM、CRMなどの各領域と連携して1つの業務シナリオを構築できる「SCMソリューション」だ。

[荒木孝一,エースラッシュ]

ERPだけでは対応が難しい現代のサプライチェーン事情

 ERP(Enterprise Resource Planning)の考え方は、製造・販売・購買・物流などにひも付く伝票をリアルタイムに管理し、経営の効率化を図るというものだ。しかし、グローバル化やアウトソーシングが急速に普及した現代ビジネスにおいて、サプライチェーン領域にはどうしてもERPでは管理しきれない部分が出てきている。例えばOEM(Original Equipment Manufacturer)やODM(Original Design Manufacturer)をはじめ、生産自体を外部に委託している場合は生産の進ちょく状況や納期などが見えづらくなるだろう。

 SAPジャパンのカスタマーイノベーションセンター ソリューションレディネスビジネスアプリケーション SCMソリューション担当部長の高橋正直氏は、こうした点について「SCM専業ベンダーの多くは計画系、物流系、倉庫系など各カテゴリに特化した強みを持っていますが、実際のSCMにはERPだけでなくSRM(Supplier Relationship Management)やPLM(Product Lifecycle Management)といった領域が密接に関係してきます」と語る。

画像 「SAP SCMソリューションは、専業ベンダーが提供するアプリケーションと同等の機能を保ちながらも、『各製品がSAP ERP、SAP PLM、SAP SRM、SAP CRMなどの各領域と連携して1つの業務シナリオを構築できる』というスタンスで取り組んでいます」と語る高橋氏

 SAP Supply Chain Management(SAP SCM)ソリューションは、大きく分けて3つの要素で構成されている。まず、サプライチェーンの計画系機能を増強する全体需給/生産計画立案ソリューション「SAP APO(SAP Advanced Planning & Optimization)」だ。そして実行系機能を担う存在として、倉庫管理ソリューション「SAP EWM(SAP Extended Warehouse Management)」、サプライヤー調達協働/顧客補充協働ソリューション「SAP SNC(SAP Supply Network Collaboration)」、輸送管理ソリューション「SAP TM(SAP Transportation Management)」をラインアップ。さらにサプライチェーンで発生する事象をトラッキングするイベント管理ソリューション「SAP EM(SAP Event Management)」、RFID対応ソリューション「SAP Auto-ID Infrastructure」、統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」といった企業のサプライチェーンを支えるITインフラを提供している。それではここから、SAP SCMソリューションの中で実行系機能を担うSAP EWM、SAP SNC、SAP TMの各製品について紹介しよう。

関連ホワイトペーパー

SAP | SCM | ERP | PLM | CRM | EDI | 在庫管理 | RFID | ベンダー | コミュニケーション | Excel | IT投資 | 流通業 | 業務効率 | SOA


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...