2011年03月01日 11時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド対応のための準備を整理するWindows Azureサービスに関してIT管理者が知っておくべきこと

本稿ではITの視点からWindows Azureのライフサイクルを捉え、クラウドコンピューティングの世界とIT部門がどのように結び付くのかについて解説する。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 Microsoftがクラウドコンピューティングへの「全力投球」を表明していることはよく知られており、開発者がチェックすべき情報、コード、機能はたくさんある。しかしIT管理者にとっては、クラウドというのは何か自分の守備範囲の外にあるもの、つまり自社が費用を負担するけれども、IT管理者が直接コントロールできない存在のように感じられるようだ。

 ITプロフェッショナルにとって、Windows Azureが何を意味するのかを明解に述べた説明はあまり多くないのが実情だ。本稿ではITの視点からAzureのライフサイクルを捉え、クラウドコンピューティングの世界とIT部門がどのように結び付くのかについて解説する。

まずAzureの基本を理解する

 Windows Azureを簡潔に説明すれば、それはMicrosoftが運営する環境であり、そして開発者はハードウェアの指定、需要増大への対応、各種機能を管理するスタッフの確保といった問題を心配せずに、どこでも動作するアプリケーションを作成できるというものだ。Azureは基本的に、サービスのプロビジョニングとコンピュータの管理というレイヤーを開発プロセスから抽象化するため、開発者はリソース、マシン、動作状態などを気にせずにAzureプラットフォーム向けのアプリケーションを構築できる。

 企業にとっては、このプラットフォームは使った分(すなわちMicrosoftのリソースを自社のために使用した時間)だけ料金を払えばよいのが魅力だ。インターネットに接続したアプリケーションを運用するための初期投資が最小限で済むからだ。

 Azureプラットフォームは3つの主要部分で構成されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...