2014年04月16日 15時00分 UPDATE
特集/連載

iOS、Androidに次ぐ3位を脱せるか「Windows Phone 8.1」を徹底分析、MS版「Siri」の“コミュニケーション能力”は?

「iOS」「Android」に次ぐ第3位のモバイルOS「Windows Phone」の最新版「Windows Phone 8.1」が発表された。注目の音声アシスタント「Cortana」をはじめ、主要機能を紹介する。

[Jeff Dunn,TechTarget]
ik_tt_win01.jpg

 米Microsoftは、2014年4月2日(米国時間)に同社のモバイルOS「Windows Phone」の最新版「Windows Phone 8.1」を発表した。Windows Phone 8.1には、競合企業である米Googleの「Android」と米Appleの「iOS」に対抗するための多数の機能強化が施されている。

 このアップデートでは、3番手のモバイルOSといわれるWindows Phoneに多数の調整が加えられている。中でも注目すべきは、「Siri」や「Google Now」などの音声デジタルアシスタントに対抗する機能として長くうわさされてきた「Cortana」である。Microsoftによると、数カ月のうちにWindows Phone 8.1を新しいデバイスで提供し、既存のWindows Phone 8デバイスについてはアップデートとしてWindows Phone 8.1を提供する準備が整っているという。

他のモバイルOSに追い付く

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

クリエイティブに対する感情分析でターゲティング、動画広告のアンルーリーが新ツールをリリース
アンルーリーは、動画コンテンツに対して好反応なオーディエンスに広告配信するターゲテ...

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...