2014年12月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

直前に慌てないための「マイナンバー制度」入門【第1回】企業の対応方法は? 「マイナンバー制度」のここが大変

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始される2016年1月まで残り1年。行政機関の業務効率化が期待できるものの、企業にとっては対応の負荷が心配だ。マイナンバー制度の概要と対応への課題を解説する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

関連キーワード

ERP | マイナンバー | システム構築


ik_tt_mn00.jpg

 2015年、企業はマイナンバー制度への対応に追われることになりそうだ。マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、国民1人ひとりに12桁の個人番号(マイナンバー)を割り振り、行政機関の情報管理を効率化することが目的。同時に、行政と関わる企業もマイナンバー制度への対応を進める必要がある。本連載ではマイナンバー制度への概要や求められる企業の対応、ITシステムへの影響などを解説する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...

news038.jpg

横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越え...

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...