2015年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

教育ITニュースフラッシュ京都工芸繊維大学が進める“入試英語IT化計画”とは?

オンライン講義の受講だけで卒業可能にした大手前大学通信教育部の取り組みから、手書き文字の認識機能を備えた電子黒板の新製品まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | SaaS | 教育 | eラーニング


tt_tt_ENF_01.jpg

 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。オンライン講義の受講だけで卒業できるようにする大手前大学通信教育部の取り組みから、14カ国語の手書き文字を認識可能な電子黒板の新製品まで、さまざまなニュースがありました。

京都工芸繊維大学が英語力テストシステムを開発 入試活用も視野

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...