2015年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は (1/2)

ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

ランキング集計方法

期間中(2015年1月〜6月)に掲載した記事について、同期間中のページビュー上位10記事をピックアップしました。ページビューの計測対象は、TechTargetジャパンの主要読者であるユーザー企業/組織の読者です(ベンダーをはじめとするIT系業種や無職、学生の読者のページビューは除外しています)。


1年を切った「SQL Server 2005」のサポート終了、移行先はどうすべきか

tn_tt_datascientist001.jpg セルフサービス型BIの利用意向 出典:IDC Japan(TechTargetジャパン記事「“やるかやらないか”で二極化するビッグデータ活用 一般企業への浸透が進む」から)《クリックで拡大》

 TechTargetジャパンの専門メディア「データ分析」では、2015年上半期もユーザー企業/組織に役立つIT製品や導入事例を幅多く紹介してきました。期間中に最も読者の関心を集めたのは、米Microsoftの「Microsoft SQL Server」(以下、SQL Server)関連の記事でした。「SQL Server 2005」のサポートが2016年4月12日に終了することから、その最適な移行先を探っている様子がうかがえます。

 閲覧数でトップとなった「サポート終了の『SQL Server』、移行先の本命は“あの製品”」では、サポートが終了するSQL Serverからの移行先として、最新版の「SQL Server 2014」ではなく「SQL Server 2012」を選択することのメリットを考察しています。

 ビッグデータを解析するためのデータ処理基盤として、「Apache Hadoop」をはじめとするオープンソースソフトウェア(OSS)が引き続き注目を集めてます。7位の「データ分析専門家が注目するオープンソース技術の注目株」では、データ分析の分野においてオープンソースが果たす役割を論じています。

 位置情報と地図情報を組み合わせて活用する「ロケーションインテリジェンス」。近年ではツールが使いやすくなったおかげで普及が進み、多くの企業が位置情報(ロケーション)データで何ができるかを理解するようになっています。10位の「『地図+データ』は言葉の壁を超える、ロケーションインテリジェンス活用法」では、実例を交えながらロケーションインテリジェンスの活用法やベンダーの動向を伝えています。

ビジネスユーザー主導のデータ分析が本格化? セルフサービスBIに強い関心

 IT部門に依存せず、事業部門が簡単に利用できるセルフサービス型のBI/分析ツールに注目が集まっています。セルフサービス型ツールを提供する新興ベンダーに加え、BIプラットフォームのトップベンダーもセルフサービス機能やデータ探索機能を自社のソフトウェアスイートに追加しています。

 閲覧数で2位の「急成長の『セルフサービスBI』、大流行には理由がある」と3位の「次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か」では、セルフサービスBIが注目される背景や導入に向けてのポイントを解説しています。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...