2016年05月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ビットコイン以上の衝撃?ブロックチェーンであらゆる契約を自動化する「スマートコントラクト」とは

ビットコインの主要技術であるブロックチェーンを利用し、取引の自動化を実現する「スマートコントラクト」。多くの業種で役立つといわれるスマートコントラクトの実力を探る。

[Sue Troy,TechTarget]

関連キーワード

金融


スマートコントラクト スマートコントラクトはさまざまな業種で取引の在り方を変える可能性がある《クリックで拡大》

 暗号研究者のニック・サボ氏は、仮想通貨「ビットコイン」の先駆けである「ビットゴールド」の生みの親で、ビットコイン自体の考案者だといううわさもある。同氏は1997年に、一定条件下で取引を自動実行する「スマートコントラクト」に関する書籍を執筆している。スマートコントラクトが話題を呼んでいるのはここ数年のことだ。これはビットコインやそれを支えるブロックチェーンが開発されたことによる影響が大きい。

 ビットコインは、銀行などのサードパーティーを介在させない革新的な支払方法として2009年に誕生した。一方ブロックチェーンは、資産譲渡に利用できる可能性が高いことから、幅広い業界からの注目を集めている。さらに金融機関や送金会社といった多くの仲介会社を介在させずに済むことも、関心を集めている理由の1つだ。スマートコントラクトはブロックチェーンと連動し、多くの業界で手続きを自動化できる可能性を秘めている。

 神童として知られるビタリク・ブートリン氏によれば、スマートコントラクトは「一部のデジタル資産を直接操作するコンピュータプログラム」だという。若干22歳のブートリン氏はビットコイン専門誌「Bitcoin Magazine」の共同創立者で、“ビットコイン2.0”として知られ、スマートコントラクトの基盤となっている「Ethereum」に取り組んでいるプログラマーだ。

スマートコントラクトをスマートたらしめる要素

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...