2016年12月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

管理やインフラのコスト削減では期待されるDaaSVDIを上回るメリットがない? 期待のDaaSが想定外に普及しないワケ

DaaSを利用すれば、企業はVDIの複雑さや高いコストを回避できる。だが一部のIT部門は、DaaSの利便性やクラウドのセキュリティに懸念を抱き、導入をためらっている。

[Ramin Edmond,TechTarget]
デスクトップ仮想化の構成(参照:デスクトップ仮想化の仕組みとメリット)《クリックで拡大》

 DaaS(Desktops as a Service)には幾つか、VDI(仮想デスクトップインフラ)にはないメリットがある。それにもかかわらず、一部のIT部門はDaaSの導入に消極的だ。

 DaaSはVDIと同様のメリットを多数提供する。それに加え、DaaSはクラウドであることから、管理コストやインフラコストの削減も期待できる。だがITプロフェッショナルの中には、DaaSに対して慎重な人たちもいる。デスクトップ配信は自分たちで管理したいという考えからだ。

 「もし誰かにDaaSに投資するように言われても、そうしないだろう。自分たちの環境は自分たちで管理できるようにしておきたいからだ」。Citrix Systemsの仮想化プラットフォーム「Citrix XenApp」を利用しているというTri-Counties Regional CenterのCIO、ドミニク・ナムナス氏はそう語る。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...

news117.png

Oath Japan、Yahoo!アドエクスチェンジとの接続を開始
Oath Japanは、同社の広告配信プラットフォームとヤフーの広告取引プラットフォーム「Yah...