2017年02月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは (1/2)

製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。

[西 裕志,アイ・エム・エス・ジャパン]

連載について

本連載では「ライフサイエンス企業におけるITの現状と課題」をテーマに、ライフサイエンス企業の中でも特に製薬業界でのIT事情を紹介する。「制約された環境下におけるプロモーション」「情報プラットフォーム」「CIO(最高情報責任者)やIT部門の役割と展望」といった切り口で解説する。


図1 図1 ライフサイエンス企業が活用する、主なリアルワールドデータ《クリックで拡大》

 ここ数年、製薬企業を中心に、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用が急激に進んでいる。RWDは、臨床現場で得られる匿名化された患者単位のデータのことだ。調剤レセプト、医科レセプトや電子カルテがその代表格だ(図1)。一般的な患者集団における医薬品の有効性や安全性を評価したり、使用実態を把握したり、経済効果を検討したりするデータソースとして期待を集めている。実際に発売された薬は、臨床現場においてさまざまな背景を持つ患者に投与される。薬の売り上げデータだけでは処方状況や結果などについては把握できないが、RWDを用いることで処方の実態や治療効果、副作用など、実臨床で得られたデータで検証することが可能になる。レセプトやカルテの電子化が進んだ他、医療IT基盤について協議する次世代医療ICT基盤協議会を設置するなど、政府が医療情報の収集/利活用に力を入れているという背景もあり、RWDの活用範囲は拡大している。

 RWDの他にも、ライフサイエンスの分野で利活用できるデータが激増し、製薬企業のビジネスに役立つ多様な「ビッグデータ」(大量データ)が生まれている。具体的にどのようなビッグデータがあるのだろうか。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...