TechTargetジャパン

技術文書
企業ドメイン名の現実 - その課題と戦略的ソリューション
インターネット上での企業の顔とも言えるドメイン名を有効に活用し、ブランドアイデンティティを守るために知っておくべき現状の問題点を示し、それを回避するためのソリューションを紹介している。ドメイン名は、インターネット上の企業の顔とも言える存在だ。しかし、現...(2006/2/17 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。  暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショ...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2016/10/3 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知っていますか?共有SSLと独自ドメイン名SSLの正しい使い分け方
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。 暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッ...(2014/1/7 提供:日本ベリサイン株式会社)

Webキャスト
AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには?
 「Amazon Web Services(AWS)」や「Slack」「GitHub」といったクロスドメインのプラットフォームは、いまやビジネスに欠かせないものとなっている。しかし、旧来の自動化されていないネットワークや、IT業務との連係に課題を抱えたプロセスが、これらのサービスから敏...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
知っていますか? 共有SSLと独自ドメイン名SSLの賢い使い分けかた
アンケートや問い合わせフォームなど、個人情報を取り扱うウェブサイトではSSLによる暗号化が欠かせない。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できるのが「共有SSL」という手軽なサービスだ。しかし、ネットショッピ...(2013/5/15 提供:日本ベリサイン株式会社)

講演資料
企業インフラが求める認証基盤とは
 アプリケーションのクラウド化が注目されがちだが、パブリッククラウドは社内の認証基盤であるActive Directoryドメインサービスにも大きなメリットをもたらす。本ホワイトペーパーは、オンプレミスで管理しているActive Directoryドメインサービスをクラウド化すること...(2015/6/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Virtual Machine Manager 2008 R2 運用ガイド
 Microsoft System Center Virtual Machine Manager(VMM)2008 R2で、VMMの管理タスクを実行するためのツールを紹介します。VMM管理コンソールで実行できるタスクはすべて、Virtual Machine ManagerのコマンドシェルであるWindows PowerShellを使用して実行できます。ま...(2010/5/10 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
OpenStack環境でネットワーク仮想化、最適な構築を実現する方法とは?
 サーバ仮想化にVMwareやXen、KVM、Hyper-Vなど異なる選択肢があるのと同様に、クラウド基盤のネットワーク仮想化においても、異なるマーケットセグメントに対応するソリューションが必要とされることは言うまでもない。特に大規模なデータセンターでは、テナントごとに...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

レポート
【最新レポート!】Shellshock攻撃、98.6%はボットプログラムの埋め込みが目的
 2014年はオープンソースソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃が発生し、上半期のHeartbleedに続き、下半期にはUNIX系OSで広く利用されているGNU Bashへの脆弱性攻撃(Shellshock攻撃)が確認された。IBMが世界10拠点に設置する「セキュリティー・オペレーション・センター...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2017/1/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
マルチドメイン無制限、月額1500円から使用可能な共用サーバが登場
 ドメイン登録実績60万件を誇る、国内最大級のドメイン登録サービス「お名前.com」から新たなレンタルサーバサービスが登場した。同サービスは、ドメイン登録やISPなど、国内最大規模でインターネットインフラサービスを提供してきたGMOインターネットならではのノウハウ...(2008/4/1 提供:GMOインターネット株式会社)

レポート
統計調査で見えた4つの傾向:互いの手口を模倣するサイバー犯罪者とAPT攻撃者
 サイバーセキュリティが社会で問題視される中、組織に求められているのはセキュリティ侵害に対する認識を変えることだ。恐怖や屈辱をもたらす対象と捉えるのではなく、「現実のビジネス上の課題」と見なして必要な対策を講じる必要がある。 本書では、セキュリティ専業...(2015/10/13 提供:ファイア・アイ株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書に関する「10のあるある」──よくある10の質問&回答集
 Webサイトを運営する企業にとって、必須といえるセキュリティ対策。中でもSSL暗号化通信やサーバ証明書の導入は基本中の基本といえる。しかし、初めて導入およびリプレースを検討している企業にとっては、その設定方法や手続き内容に不安を感じることも少なくないだろう...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2017/1/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
あらゆる組織に役立つ、「Surface Pro 3」で学ぶWindowsのデバイス展開手法
 数十台、数百台のデバイスにWindows OSをインストールするには、自動化ツールが欠かせない。こうしたツールを使い、アプリケーションやドライバのインストール、Windows Updateの適用といった作業を効率化させるのだ。複数のデバイスにWindows OSや各種設定を配布するこ...(2015/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
そのSSLサーバ証明書では防げない──オンライン取引の詐欺被害を減らす2つの方法
 オンライン取引が本格化してから約20年、電子商取引による販売額は2013年に1.2兆ドル以上に達した。消費者のショッピング習慣がこれだけ変化した要因は、オンラインの世界で金銭取引をする際の信頼を担保できる仕組みが確立されたことにある。その技術的基盤としての解...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
サイロ構造を今すぐ解体せよ──アプリとネットワークを統合管理する方法とは
 アプリケーションやWebサービスの高速配信と拡張を可能にするために、多くの企業がハイブリッドクラウドインフラの導入を進めている。このトレンドによって、社内外のインフラの境界線が曖昧になり、IT部門の業務負荷が増している。 しかし、米国のITコンサルティング...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:NTTテクノクロス株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

Loading