MDM(モバイルデバイス管理)とは何か? エンドポイント管理の超基本エンドポイント管理ツールの完全ガイド【第1回】

エンドポイント管理には、「MDM」「EMM」「UEM」などのツールを利用できる。企業のITチームはこれらのツールの違いを理解して、エンドユーザーのデバイスを適切に管理する必要がある。各ツールの違いとは。

2023年09月11日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 「エンドポイント管理」のベンダーは、さまざまな機能をツールに組み込んできた。分類すると、以下のツールが市場に存在する。

  • モバイルデバイス管理(MDM)ツール
  • エンタープライズモビリティー管理(EMM)ツール
  • 統合エンドポイント管理(UEM)ツール

 まずMDMツールが市場に登場し、その後にEMMツールが誕生した。昨今はそれだけでなく、UEMツールをエンドポイント管理のために好んで使用する企業もある。

 エンドポイント管理ツールの進化の原動力は、ベンダーが掲げる「より包括的な管理を提供する」という目標だ。各ツールは時を経るに従ってより細かいレベルの管理方法を提供するようになっている。まず理解しておくべき基本は、MDMツールにある。

「MDM」とは何か? エンドポイント管理の超基本

 MDMツールは、モバイルデバイスにおけるメールの設定や、セキュリティ制御のための管理方法を、企業のITチームに提供する。MDMツールが登場する以前、ITチームはモバイルデバイスの管理とセキュリティの制御に苦慮していた。

 問題の一つは、ほとんどのエンドユーザーが、グループポリシー(一元管理の機能)で制御された設定を持つ、ドメイン(特定のグループ)に参加したPCで作業していたことだった。グループポリシーの設定は、OS「Windows」搭載のデバイスがドメインに参加した場合にしか適用できず、組織の利用環境に入ってくるモバイルデバイスを保護できないことが一般的だった。

 ネットワークのセキュリティ管理においては、組織の無線LANに接続しているとき以外は、モバイルデバイスを保護できないという問題があった。当時のエンドポイント管理ツールでエンドポイントを管理するには、対象のエンドポイントを組織のネットワークに接続する必要があった。

 MDMツールは、こうした問題を解決した。MDMツールを利用すれば、ITチームはモバイルデバイスが組織のネットワークに接続するまで待つ必要がなくなった。通常のインターネット接続を介して、モバイルデバイスを管理できるようになったからだ。


 第2回は、MDMツールのメリットに加えて、何が課題になったのかをまとめる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。