TechTargetジャパン

製品資料
EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは?
 受発注取引の効率化やコスト削減などを目的として導入されているEDI(電子商取引)。例えば、取引先から発注データを受信して各種データ変換を行い、自社の基幹システムまで自動的に取り込めるため、取引業務のスピード化や効率化には欠かせない。 また、受注側は、受...(2017/9/21 提供:株式会社インターコム)

製品資料
EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは?
 日本電信電話(NTT)は、2024年に固定電話のバックボーンを従来の固定電話網からIP電話網に切り替えると発表している。これに伴い、ISDNのサービスも終了するが、多くのEDI(電子データ交換)システムがISDNを利用しているため、そうしたシステムを利用している企業はIP...(2017/11/1 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

事例
ワコールの事例にみるEDIシステムのサービス利用を決めた理由とその選定基準とは?
 女性用下着で知られるワコールでは、グループ会社の流通BMSの対応、自社の既存EDIシステムの保守切れを機にグループ全体でのEDIシステムの刷新に取り組んだ。 ワコールでは、グループ内でシステムを可能な限り共通化していくという大方針のもと検討が進められた。取引...(2013/6/27 提供:株式会社ネクスウェイ)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
流通BMSへの移行作業を効率化、トモヱ乳業に学ぶEDIシステム活用法
 メーカーや卸、小売業といった流通業界をはじめ、取引先との受発注業務のオンライン化(EDI化)や、EDIやFAXなどが混在した受発注取引の一元管理、自社の取引量に合った流通BMS対応システムの導入など、受発注業務においてさまざまな課題を抱えている企業が多い。 そん...(2017/9/26 提供:株式会社インターコム)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

製品資料
【カタログ】InterWorks/Standard
【製品概要】企業内に散在するEDIシステムを集約し、企業内外のシステムとシームレスなデータ連携を実現する、EDI統合サーバ。レガシーEDIから次世代EDI・WebEDIまで、多種多様な受発注業務を効率化する。 【導入メリット】■シームレスな基幹システムとの連携InterWorks...(2010/9/8 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

事例
9事例から学ぶ無停止型サーバのメリット、365日24時間の稼働を実現するには?
 製造業にとってシステム停止は製造ラインや売り上げに直結する重要な問題だ。その事態を避けるために、「無停止型(フォールトトレランス)サーバ」が国内外の製造業で多く導入されている。生産管理やライン制御システムといった業務系、ERPやファイルサーバといったバ...(2017/10/26 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

レポート
約9割が「FAXはなくならない」 コクヨの独自調査で見る帳票業務効率化のカギ
 注文書などの帳票のやりとりでは、今も現役の通信手段として使われている「FAX」。製造業・流通業の受発注業務に関わる担当者などを対象に行った調査によると、約9割の企業が「FAXはなくならない」と回答したという。 もちろん、FAXや紙の帳票をなくして送受信を電子化...(2017/3/29 提供:コクヨ株式会社)

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
突合業務の工数を84%削減、紙ベースの帳票処理を劇的に改善する方法とは?
 事業規模の拡大と比例して増える受発注や請求処理業務。データの手入力、目視確認、修正などにかかる工数の増加、人手は不足し、現場が疲弊し切っているという企業も多いことだろう。特に処理が集中する月末月初は残業やパート・派遣社員を増やすことで対応せざるを得ず...(2017/10/31 提供:コニカミノルタ株式会社)

事例
8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット
 ERPでは、企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計などに関する業務活動の情報管理を支援する。これによって、業務の「見える化」を実現し、効率化や業務プロセスの改善、意思決定の迅速化を実現している。しかし、実際の導入では、既存システムを置き換え...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
基幹業務の負担となる「帳票のFAX送信」、到達率99.9%と経費削減の両立法は?
 製造業/卸売業に特化した受発注の業務シーンなど、FAXによる帳票の伝達が欠かせない業界・業務では、その運用や維持に多くの経費と人手を割いているのが現状だ。また、短時間に大量の帳票をFAX送信しようとすると、回線状況によっては、届くまでに数時間かかるようなケ...(2017/9/26 提供:株式会社ネクスウェイ)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/8/28 提供:Talend株式会社)

レポート
製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の課題と対策を解説
 昨今、自動車業界の構造は新興国の低価格市場出現などにより、大きく変化している。完成車メーカーの多くは、海外市場に対応するために現地化を進め、それに伴い部品メーカーも積極的に海外展開を加速している。現在、日本の自動車業界に属する企業の海外売上高比率は...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
IoTで挑戦する「つながる工場」事例、生産ラインの見える化とロボティクス活用
多くの製造現場では、IoTを活用した設備稼動・品質状況把握、ビデオ映像化、温度・湿度測定等で工場の実態の見える化や経験に頼っていた作業の標準化など、工場全体での生産性向上に取り組んでおり、IoTによる現場の見える化や予防保全が必要不可欠となってきている。海外...(2017/3/1 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

技術文書
こうして使おうパワーデバイス:正確で堅牢なゲート駆動を簡単に実現するインフィニオンのEiceDRIVER(TM)
 ゲート・ドライバICは、レベルシフトと高耐圧を必要とするハイサイド・ドライバと、それらが不要なローサイド・ドライバに大別される。また、絶縁を必要とする絶縁型ドライバと絶縁不要な非絶縁型ドライバに大別される。インフィニオンでは、サーバ/通信機器、ソーラ...(2016/11/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

製品資料
業務プロセスの可視化・改善とIT化で実現する“真”の働き方改革
 生産性の低下、慢性的な残業、業務の属人化といった現象は、多くの企業で生じている問題である。この解決策としてシステム導入は有効な手段だが、一方で導入後に現場からの手戻りが発生し、導入したシステムが使われないままに陥るケースが多く見られる。 この問題の一...(2016/11/22 提供:株式会社システム科学)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
販売・在庫・仕入の管理“初めてのクラウド”でも安心して利益率向上の秘密
 厳しい経営環境で競争を続ける企業にとって、利益率の向上は必須の課題だ。小売卸業ならば、販売、在庫、仕入れ、倉庫などの管理をリアルタイムで把握することが重要になる。しかし中小・中堅規模の企業にとって、自社の要件に合ったシステムを構築することはコストとい...(2016/1/14 提供:株式会社プラス)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

事例
全米第2位のコカ・コーラ・ボトラーの「潜在コスト」を削減、その方法とは?
 全米第2位の規模を誇るコカ・コーラ・ボトラーであるコカ・コーラ・ボトリング・カンパニー・コンソリデーディット(CCBCC)は、100を超える取引先から入るオーダーなどの情報を効率的に処理する必要に迫られていた。 同社は従来のEDI環境やサービス管理、部品調達、機...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

Loading