TechTargetジャパン

事例
ワコールの事例にみるEDIシステムのサービス利用を決めた理由とその選定基準とは?
 女性用下着で知られるワコールでは、グループ会社の流通BMSの対応、自社の既存EDIシステムの保守切れを機にグループ全体でのEDIシステムの刷新に取り組んだ。 ワコールでは、グループ内でシステムを可能な限り共通化していくという大方針のもと検討が進められた。取引...(2013/6/27 提供:株式会社ネクスウェイ)

カタログ
【カタログ】InterWorks/Standard
【製品概要】企業内に散在するEDIシステムを集約し、企業内外のシステムとシームレスなデータ連携を実現する、EDI統合サーバ。レガシーEDIから次世代EDI・WebEDIまで、多種多様な受発注業務を効率化する。 【導入メリット】■シームレスな基幹システムとの連携InterWorks...(2010/9/8 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

製品資料
販売・在庫・仕入の管理“初めてのクラウド”でも安心して利益率向上の秘密
 厳しい経営環境で競争を続ける企業にとって、利益率の向上は必須の課題だ。小売卸業ならば、販売、在庫、仕入れ、倉庫などの管理をリアルタイムで把握することが重要になる。しかし中小・中堅規模の企業にとって、自社の要件に合ったシステムを構築することはコストとい...(2016/1/14 提供:株式会社プラス)

事例
全米第2位のコカ・コーラ・ボトラーの「潜在コスト」を削減、その方法とは?
 全米第2位の規模を誇るコカ・コーラ・ボトラーであるコカ・コーラ・ボトリング・カンパニー・コンソリデーディット(CCBCC)は、100を超える取引先から入るオーダーなどの情報を効率的に処理する必要に迫られていた。 同社は従来のEDI環境やサービス管理、部品調達、機...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
中堅・中小企業のBI導入意向に関する読者調査リポート(2012年9月)
 TechTargetジャパンは2012年9月10日から10月2日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に中堅・中小企業のBI導入意向に関するアンケート調査を実施した。調査からは導入を検討しているBI製品やExcelによる分析・データ活用業務の課題の他、注目しているBI分野のテクノ...(2012/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
消費財メーカー・卸売業における災害対策アンケート報告書
 本リポートは、流通事業者向けEDIサービスを手掛けるプラネットが2010年11月に発表した「消費財メーカー・卸売業における災害対策アンケート(2010年7月実施) 第2回調査報告書」の抜粋版である。アンケート回答企業(有効回答:185)の半数は「10年以内に大規模震災が...(2011/4/30 提供:アイティメディア株式会社)

事例
納期回答時間の改善率99%、モバイル業務アプリは情報提供の何を変えたのか?
 64カ国で事業を展開するサンゴバンCPSは、商業ビルや住居のインテリア、エクステリア商品を提供している。同社は、商品が工場でトラックに積み込まれてから顧客に納入されるまでの状況をリアルタイムに把握できず、納期回答時間に問題を抱えていた。 顧客に最新の納入...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
今こそ、物流は変化を迫られている――「戦略的ロジスティクス」改革の5項目
 一般に日本企業の物流管理は非常に高いレベルにある。しかし企業競争において求められているのは、物品を物理的に保管・移動する単なる「物流」機能の充実ではなく、販売部門に必要な物品を送り込むための、プロセス全体という意味での「ロジスティクス戦略」の確立であ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

レポート
キンバリークラークやイオンアイビスの事例が語る「IT活用で成功するサプライチェーン経営」
 厳しい経済状況と変化するビジネス環境の中、生産から販売に至るロジスティクスに課せられた課題は多い。そんな中、戦略的ロジスティクスを確立し、経営視点に立ったサプライチェーン全体を最適化するには、IT活用が不可欠だ。流通・小売業が、ニーズの多様化、環境変化...(2014/10/31 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
これからのERPは過去の把握から未来の予測へ、運用ギャップをなくす製品選定のポイント
 海外に生産、販売、資材調達など、さまざまな役割を持つ拠点を展開する製造企業が今後もビジネスの成功を実現していくためには、ERPに関して従来とは違ったアプローチが必要になる。つまり「過去の収益」を示す財務会計/財務諸表とは切り分けて「現在の収益と未来の予...(2015/9/2 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

製品資料
メディアコンテンツの多面展開に、指針と成長を与える経営管理の仕組みとは?
 映画、テレビ番組、マンガ、アニメーション、楽曲などの作品を制作し収益を得ているメディアコンテンツ業界において、豊富で優良なコンテンツを制作・流通させることが成長のカギであることは間違いない。しかし一方で、これらコンテンツの1つ1つについてコストや収益状...(2015/10/28 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
3カ月で受発注システムを構築、基幹業務システムを短期立ち上げできた秘訣とは
 日々ビジネスのスピードが速まる現在、ますます業務の効率化と迅速なビジネス判断が求められている。市場の環境変化に柔軟に対応するためにも、基幹業務の短期立ち上げが大きな課題となっている。こうした場合、クラウド型ERPの利用は「必要なときに、必要な機能を、必...(2015/10/6 提供:富士通株式会社)

事例
山口銀行が地銀共同化システムとのゲートウェイシステムに採用したHDC-EDI Suiteとは?
地域密着型の金融事業を展開する山口銀行では2007年IT戦略基盤の強化、経営資源の効率的活用を目指し、「地銀共同化システム」への参画を決定した。三菱東京UFJ銀行の現行システムがベースとなった地銀共同化システムへの参画により、先進的なメガバンクの基幹システム...(2011/5/19 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

製品資料
EDIデータ交換パッケージが実現した導入事例とは?
JFT/Serverは、データ交換を安全かつ確実に実現するEDIデータ交換ミドルウェアパッケージである。レストランチェーンのすかいらーく様や商社の伊藤忠商事 繊維カンパニー様など、様々な業種で実績を残している。また、メーカーと卸売業社間の受発注データの交換サービスや...(2009/12/1 提供:株式会社ビック東海)

事例
様々な荷主に対応した佐川グローバルロジスティクスのEDI基盤とは?
 佐川急便から誕生した純粋持株会社のSGホールディングス。その情報システム関連の事業会社であるSGシステムは、グループ内で国際物流サービスを展開する佐川グローバルロジスティクスのEDI基盤にHDC-EDI Suiteを導入。これにより、荷主側システムの多様な通信手順に対応...(2011/7/29 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
すかいらーくが80業務システム200サーバをクラウドへ、その統合効果とは?
 企業の成長とともにITシステムは拡張されてきたが、その時代に最新と思われたプラットフォームやアプリケーションも、今日の技術からみるとつぎはぎだらけの時代遅れシステムとなっている例は多い。 ファミリーレストラン大手のすかいらーくでは、80業務システム、200...(2015/8/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
「コンサルタント料+技術サポート費用」という大きな負担から解放されたネットワーク監視ツール導入事例
 数百台のデバイスのリモートコントロールを含めた大規模ネットワークインフラの監視といったケースでは、ツール導入後もベンダーのコンサルティングや技術サポートが必要という考えが一般化している。実際、ネットワークのスペシャリストが社内にいない場合、万が一の備...(2015/8/3 提供:Ipswitch, Inc.)

製品資料
「SoftLayer東京データセンター」が国内企業にもたらすメリットとは?
 IBMが12億ドルを投じて世界15カ所に設置予定である「IBM SoftLayer」のデータセンター。その6番目に当たる「SoftLayer東京データセンター」が2014年12月にオープンした。同センターは、他のSoftLayerデータセンターと同じ構成で配置されており、ラックの塊からなる「ポ...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
導入企業の60%がコスト削減に成功したB2Bデータ交換のアウトソーシングとは?
 今、ビジネスの舞台は全世界に広がっている。企業のビジネスプロセスにもスピードが求められ、海外企業とも受発注、物流、財務データなど、直接データ交換・統合を行いたいというニーズが高まっている。だが、接続先ごとに異なるデータ形式やプロセスに対応し続けるには...(2014/3/31 提供:GXS株式会社)

事例
山口銀行が地銀共同化システムとのゲートウェイシステムに採用したHDC-EDI Suiteとは?
 地域密着型の金融事業を展開する山口銀行では2007年IT戦略基盤の強化、経営資源の効率的活用を目指し、「地銀共同化システム」への参画を決定した。三菱東京UFJ銀行の現行システムがベースとなった地銀共同化システムへの参画により、先進的なメガバンクの基幹システ...(2011/2/25 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
Oracle Exadata導入事例 2015――全てのデータベース処理に驚異的な性能でビジネスを革新
<こんなことを実現したい人にオススメ!>・データベース統合によるITコストの削減・アプリケーションの劇的なパフォーマンス・リアルタイム分析やデータベースクラウド(DBaaS)実現によるビジネス革新 Oracle Exadata Database Machineは、オンライントランザクション...(2015/4/6 提供:日本オラクル株式会社)

事例
600種類もの紙資料を撤廃、総集計回数は7万回を突破!神東塗料が実現した「全社一丸」のデータ活用基盤
 神東塗料は、各種工業用から防食用まで多様な塗料製品を手掛け、特に環境対応型塗料の分野では「水の神東」と呼ばれる水系塗料の開発力を武器に、業界をけん引してきた。近年は海外展開にも注力し順調に事業を伸ばしている。 同社はかねてよりデータ活用に精力的に取り...(2015/2/23 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
「食の安全」を支える食品業界に特化した販売/生産管理、3つのポイントとは
 食品業界の在庫管理には、不定貫、荷姿管理、賞味/消費期限・製造日管理といった食品業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれず、カスタマイズが必要だった。 「AZCLOUD SaaS 食品」は、上記のような食品加工業特有のさまざまな仕様に対応した業務システムに...(2014/11/10 提供:株式会社富士通マーケティング)

レポート
徹底特集:5つの特徴からベンチマーク、事例まで「SoftLayer」の全てが分かる
 IBMのクラウドサービスに新たに「SoftLayer」が加わった。日本ではまだ知名度は高くないが、米国ではAmazon、Rackspaceと並ぶ高性能クラウドで、他のサービスと差別化する大きな特徴を5つ備えている。 SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを...(2014/5/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
賞味/消費期限や鮮度など、食品業界特有の管理に対応したERP型クラウドサービス
 業界特有のニーズが多い業種では、汎用的なERPをそのまま導入するのは難しく、パッケージソフトをカスタマイズして使うケースが多かった。だが、中堅・中小企業にとっては、カスタマイズに開発期間やコストを掛ける余裕がない上、システム専任担当者がいないなど、導入...(2014/11/10 提供:株式会社富士通マーケティング)

事例
アステラス製薬の基幹系DWHが処理速度3割アップと可用性の向上を手に入れた理由
 医療用医薬品分野でグローバルな展開を続けるアステラス製薬。国内外の市場動向を迅速に把握・分析するため、営業活動にデータウェアハウス (DWH) 活用を取り入れてきた。同社の営業基幹システムであるDWHには、実績集計処理、SFA、市場情報提供という大きな3つの役割が...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
完全保存版:IBM i環境のためのクラウド導入・活用ガイドブック
 クラウドサービス活用が浸透し、オープン系では基幹系システムをクラウド上に構築する企業が増えている中、IBM i環境ではクラウド導入が進んでいるとは言い難い状況だ。だがクラウドベンダーのIBM iクラウド参入により、IBM i環境のクラウド活用は本格化の時期を迎えて...(2014/7/14 提供:IIJグローバルソリューションズ)

レポート
徹底特集:5つの特徴からベンチマーク、事例まで「SoftLayer」のすべてがわかる
 IBMのクラウドサービスに新たに「SoftLayer」が加わった。日本ではまだ知名度は高くないが、米国ではAmazon、Rackspaceと並ぶ高性能クラウドで、他のサービスと差別化する大きな特徴を5つ備えている。 SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを...(2014/2/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading