TechTargetジャパン

レポート
企業の成長戦略となった「働き方改革」、理想的ワークスタイルへの4つの鍵とは
 日本企業のグローバル化が進む中、急激な市場変化に対応し、短期間で価値を創出することの重要性が高まっている。ソフトウェア開発の分野でも、開発プロセスの改善による生産性向上と継続的成長が主要課題となっており、グローバルで普及しつつある大規模なアジャイルフ...(2017/8/9 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/8/9 提供:株式会社クレオ)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/6/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド
 製造業をはじめとして「アセットマネジメント」への取り組みが、ただの設備保全や修繕といった以上の意味を持つようになっている。設備資産のライフサイクル管理をもとに、コスト削減や収益性改善、サービスレベルや顧客満足度の向上が仕組まれる。 その中で、英国規格...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと
 企業設備資産管理(EAM)ソリューションは、文字通り、企業が持つ設備・資産の管理が目的だ。例えば、製造業の生産現場ではさまざまな設備・施設が使われている。それらが老朽化や損耗によって徐々に劣化し、保全管理が行き届かなければ生産遅滞や事故につながりかねな...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network:CNN)の使い方、分かりますか?
 畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Networks)とは、一体何でしょうか。 簡単に言うとニューラルネットワークの進化における一段階で、ビジョンプロセッシング、手書き文字認識、声紋分析、ロボティクスといったアプリケーションで重要な技術...(2017/2/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
活発化するディープラーニング開発、その源となる専用機のパワーを探る
 撮影した写真を、撮影シーンや被写体の人物で判別し、自動的に分類するサービスなどが登場している。その根幹は、システムが大量のデータから特徴を認識、抽出、学習して、自ら解析できるようになっていく「ディープラーニング」技術だ。 写真など映像分析のほかにも...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

製品資料
脆弱性診断ツールの導入は得か? アプリ開発運用フェーズへの組み入れ方法
 サイバー攻撃はさまざまな箇所を狙って行われる。PCへの感染を狙ったメールやWebサイト経由の脅威もさることながら、Webアプリケーションの抜け穴にも注意しなければならない。 WebアプリケーションにはOSやミドルウェア、フレームワークなどそれぞれに脆弱性が内在す...(2016/12/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

プレミアムコンテンツ
ロボット開発に学ぶ、モノづくりへのOSS活用
  オープンソースソフトウェア(OSS)の活用は、ITやWebの領域のみならず、ロボットなどハードウェアの開発においても重要なトピックといえます。ロボット開発でメジャーなフレームワーク「ROS」(Robot Operating System)はOSSですし、日本においても「HACKberry」や...(2016/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用の大前提となる「データ形成プロセス」を効率化するには?
 ビッグデータ分析を行う企業の中で、構築した分析環境に回すデータそのものの形成をストレスなく実行できている企業は少ない。また分析対象のデータの種類を増やしたり、IoTからのデータフローを分析したりするようになってから、データ形成時間の短縮やデータの信頼性...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク
 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワーク...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
すぐ効くHadoop攻略法、ビジネスでの活用を進める6つのアプローチ
 データウェアハウスや予算が追い付かないほどのペースでデータが増加する中、ビッグデータの保管と処理を行うオープンソースのフレームワークであるHadoopが注目されている。しかし、技術に詳しいビジネス担当者の中でも、データ管理におけるHadoopの影響力はまだ十分に...(2016/10/14 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ROS(Robot Operating System)の概要と開始までの手順
 ハードウェアとしてのロボットを開発する際、完全なフルスクラッチで「判断」「制御」「駆動」を実装するとなると大変な労力が必要となるが、その負担を軽減してくれるフレームワークが「ROS」(Robot Operating System)である。 ROSはオープンソースとして公開されて...(2016/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
セルフサービスBIダッシュボードに関する上位5つの考慮事項
 今、企業内で孤立化したデータを組織のあらゆる階層の人員に開放して、データ主導アプローチが少人数の重役の独占領域ではなく、業務遂行のための標準とすることが差し迫った課題として広く認識されている。また、クラウドコンピューティング、分析ソフトウェア、インタ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IoTシステム構築の開発効率を劇的にUPさせるプラットフォームの導入事例
 世界中の企業が期待を寄せるIoT(Internet of Things)。すでに一部の用途では実用化が始まっています。一方、現在は黎明期。標準化争いが激化する中、どの規格を採用し機器を開発すればよいのか。落ち着く先はなかなか見えてきません。 混沌とした時代を突破するため...(2016/9/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
セキュリティリスクを増大させる内部要因、各チームの分断状況はどう解消する?
 Forbes Insightsが2015年秋に北米と欧州の304人の経営幹部に対して実施した調査によると、60%の回答者が「運用チームとセキュリティチームは互いの要件について大まかにしか理解していないか、ほとんど理解していない」と答えている。 IT運用チームとセキュリティチー...(2016/7/19 提供:BMCソフトウェア株式会社)

製品資料
目まぐるしく変化する海外戦略に取り組む企業における「ワークフローのあるべき姿」
 海外にも拠点を置く大手・中堅企業にとって、ワークフローシステムは個々の業務だけでなく、事業運営そのものを支える重要なものとなる。変化の激しいグローバル環境に対応して組織変更を行う場面に出会った際、システム側に迅速さが欠けていると、決裁や承認などで社内...(2016/1/19 提供:株式会社エイトレッド)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/12/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
74%がハイブリッド戦略を推進、ハイブリッドクラウド活用の「3つのポイント」
 ITシステムのクラウド移行は、ビジネスのために最適なリソースを組み合わせる「ハイブリッド」なアプローチが注目されている。クラウド、非クラウド領域を一元化し、真の意味でIT運用をサービスとして管理するために、ハイブリッドの影響を理解し、戦略を立てて導入を円...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“新しい働き方”を実現する、モバイル変革への「3つのポイント」
 モバイルとクラウドの普及によって、顧客の購買行動は変わり、企業はこうした変化に対応するために、従業員や顧客、パートナーに提供するツールやビジネスプロセスの見直しを迫られている。 本ホワイトペーパーでは、教育、医療、ハイテク、小売業界の計500社以上を対...(2015/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク
 「うちはPLMシステムを持っているけど使い方はPDMどまりです」ということは無いだろうか。これは非常にもったいない。が、良く聞くケースでもある。 PLMシステムは本来、製品情報を一元管理し、モノづくりにかかわる人たちに正しい情報を適切なタイミングで部門に応じ...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ワークスタイル変革の鍵は「クライアント仮想化」、変革に必要なその役割とは?
 企業のグローバル化が、国内外の上下のコミュニケーションだけでなく、対等で部署・会社を超えた横に広がるコミュニケーションにより仕事を進めるケースが増えている。また、少子高齢化により今後は就労人口減少が予想されている。企業は労働力不足を補うため、高齢者...(2015/7/13 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
NoSQLとHadoopの真価を引き出す、ビッグデータソリューションとは?
 NoSQL、Hadoopはオープンソースで提供されるソフトウェアフレームワークだ。NoSQLは従来のリレーショナルデータベースとは異なり、データの一貫性を緩くして一度に大量のデータ更新を受け入れることを優先する。Hadoopはデータ処理を分散させる技術で、大きなファイルを...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
破綻したセキュリティの常識を捨てよ──今こそ必要な「適応型防御」とは
 従来型のセキュリティソリューションは、さまざまな課題を抱えている。例えば、ネットワークに侵入した脅威を直ちに検知するには能力不足で、検知できたとしても問題の解決に時間を要してしまう。また、ネットワークで発生するイベントについて得られる情報は断片的であ...(2015/4/21 提供:ファイア・アイ株式会社)

技術文書
プログラミング不要、5分でアプリを作成できる「IBM Bluemix」ハンズオンガイド
 「IBM Bluemix」(以下、Bluemix)は、多彩なアプリケーション開発に利用できるフレームワークやAPIを提供するクラウド型の開発基盤だ。アプリの種類とアプリ名をWebブラウザ上で指定すれば、仮想サーバとメモリを自動で割り当て、アプリ開発が行える。 本資料は、Blue...(2015/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
中部電力の業務継続を支えるアジャイル 実証されたDevOps実践ツールの導入効果とは?
 さまざまな業務でITが利用されている今日、ITサービスなしに業務を進めることは難しい。しかし、従来のウォーターフォール型開発ではユーザーの要求に十分に応えられないケースは多いだろう。なぜなら、コストの抑止や開発期間の短縮に加えて、実際の運用に則したサービ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エンジニアのコストで示す「ソフトウェアデプロイメント自動化のROI」
 手動でのソフトウェアデプロイメントプロセスには、効率が悪く、エラーが発生しやすいという欠点がある。業界全体でより頻繁なモジュラー式のリリースへの移行が進む中、これらは無視できない問題になりつつある。そこで注目されているのが「ソフトウェアデプロイメント...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading