TechTargetジャパン

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには
 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。 解決策としては、プロキシのス...(2017/4/4 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は
 企業のIT環境がクラウドに広がったことで、セキュリティ対策も変化を求められている。ネットワークを介して重要データを保存するケースが増え、エンドポイントから先のネットワークのデータ送受信や、クラウド内での挙動をチェックしなければならない。 そこで注目され...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

技術文書
中間者攻撃の脅威に取るべき防衛方法とは?
 中間者攻撃(“Man-in-the-Middle Attack”、“MITM Attack”)とは、サーバとクライアント間の平文データ(暗号化されていないデータ)をキャプチャーして割り込み、当事者に気付かれることなく盗聴したり、すりかえたりすることによって、通信内容に介入する攻撃手法...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?
 組織のネットワーク内部を侵害するサイバー攻撃のほとんどは、組織外から「不審な通信」を指摘されて発覚するという。外部からの通報の場合は、その真偽の確認も必要だ。通報/検知内容を確認、適切に判断し、被害の最小化や原因の追究に向けて、迅速かつ適切なインシデ...(2017/3/8 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
製品追加による対応は限界、統合されたセキュリティ対策を考える
 安全な環境での使用が求められるアプリケーションの増加に伴い、サイバー攻撃から守るべき対象範囲は大幅に拡大している。一方サイバー攻撃はますます複雑かつ高度化し、複数のステージに拡散してセキュリティ対策を迂回する可能性まで出てきた。 これからのサイバーセ...(2017/2/24 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」
 中堅・中小企業における事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への意識が高まり、業務データのバックアップ環境の整備が急速に進んでいる。しかし、その運用で大きな課題に直面するケースも多数見られる。中でも深刻なのが、ダウンタイムと安定性の問題だ。 ESGの調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

レポート
単なるセキュリティ監視ではない――「MSS」を選ぶための10のポイント
 巧妙化するサイバー攻撃に対抗するため、企業もさまざまなセキュリティ製品やソリューションを導入し続けてきた。しかしその結果、運用が複雑化し、セキュリティ担当者の人的リソースやセキュリティ技術スキルが不足していることも多いという。このような状況下では、日...(2017/1/24 提供:SecureWorks Japan株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

製品資料
サイバー攻撃の発見はますます困難に――専門家不在の企業はどうする?
 標的型攻撃による情報漏えい、ランサムウェア攻撃による詐欺・恐喝など、企業を取り巻くセキュリティ環境はますます厳しいものとなっている。このように高度化・巧妙化を続けるサイバー攻撃は、従来のセキュリティ対策だけで防ぐことは難しい。 そこで、近年のセキュリ...(2017/1/19 提供:株式会社クエスト)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
複雑化する「企業システム認証問題」 シングルサインオンと認証連携で何が変わる?
 デバイスや場所を問わない、あらゆるアプリへの容易なアクセス。その実現の前には、複雑化とコストアップの問題が立ちはだかる。デバイスの多様化と業務アプリの増加により、ユーザーは幾つものIDとパスワードを記憶し、幾つものURLとポータルをブックマークしなければ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
「常時SSL化も万能ではない」、SSL通信を隠れみのにした攻撃にどう対処する?
 Webサイトの全てのページをSSL暗号化することで、セキュリティの強化、ログ精度の向上などを目指す「常時SSL通信化」。これを実施したWebサイトやWebサービスは検索エンジンの評価が高くなりやすいことから、SEO対策としても注目されている。 しかし、近年はSSL通信を...(2017/1/10 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2017/1/6 提供:Intel Security)

講演資料
Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築
 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
常識となりつつある常時SSLの課題――隠れた攻撃の発見と解析負荷の軽減
 SSL/TLSによるWebサイトの暗号化通信が標準になりつつある。SSL暗号化通信に必要なサーバ証明書が安価になったことでセキュリティを高めやすくなったと同時に、GoogleがSSL暗号化通信に検索順位の優遇を図っていることも影響している。 一方、SSL暗号化通信は通信内容...(2016/12/22 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
多段階の攻撃プロセスに対応する「サイバーキルチェーン防御」の実力とは?
 近年、企業を狙ったサイバー攻撃では、標的型攻撃やランサムウェアなど、クライアントを狙った攻撃が多発している。これらの攻撃は巧妙化が進んでおり、既存のセキュリティ製品では防ぎきれないという状況だ。そこでやむなく、エンドユーザーの自由度を大幅に損ねるよう...(2016/12/13 提供:フォースポイント ジャパン株式会社)

技術文書
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説
 インターネットでの通信を保護するため、今やSSL(Secure Sockets Layer)技術による暗号化は極めて広く普及しつつある。一方、SSL通信を逆手に取ったサイバー攻撃も発生している。「SSL暗号化されたサイバー攻撃の通信」を検知するためにはSSL通信を復号する必要がある...(2016/12/9 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス
 Skype for Business(SfB)を含むMicrosoft Office 365は、ICTクラウド技術を活用し、時間や場所を選ばない柔軟なワークスタイルへの変革をもたらします。 Skype for Business PoC環境構築サービスは、 Skype for Businessによるコミュニケーション環境を体感して頂く...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
常時SSL化にセキュリティ製品は耐えられない? 増大する負荷の賢いさばき方
 Webサービスやクラウドアプリケーションの個人情報入力ページなどに採用されるSSL技術。インターネット上で重要情報を送受信するために欠かせない暗号化技術だが、近年はこれまで暗号化されてこなかったページを含めてHTTPS接続する「常時SSL化」を目指す企業が増えてい...(2016/10/24 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

Loading